親鸞聖人の教えに、自力諸行往生の勧め、雑行・雑修の勧め、臨終業成の勧め、化土往生の勧め、臨終を待ち、来迎がなくば化土往生もできない不確かな救いの勧め、横出・漸教・自力仮門の勧めはありません

高森会長の19願の説明が酷いです。かつて教学講義では、

「善をしなさい。そうしたら助けます」という願だ

などと話していたのですから呆れます。高森会長が欲しかったのは、

「善をしなさい」

の文言です。宿善よりも強力に善の勧めを正当化し推進する根拠として19願を用い出したのでしょう。

この高森会長の説明では19願がどのような願か全く分からず、結果会員の皆さんは「三願転入の教え」などという邪義を盲信してしまうこととなります。今一度要点をかいつまんでまとめますと、19願とは

あなたが菩提心を発し、様々な善根功徳を積み、心から私の国(阿弥陀仏の浄土)に生まれたいと思うなら、臨終に多くの聖者たちとともにあなたを迎えに現れよう

ということです。行は修諸功徳の善、信は至心・発願・欲生の心(自力心)であり、その証は胎生辺地、双樹林下の往生すなわち化土往生です。これが臨終現前の願と言われる19願の行・信・証であります。つまり19願とは自力諸行往生を誓われた願であり、自力心で様々な善根を積むのですから修めるものがらは雑行(五正行以外の諸善)・雑修(正業と助業の兼行)であり、往生が定まるのは臨終ですから臨終業成を誓われた願であり、往く先の浄土は方便化土ですから化土往生を誓われた願です。そして臨終にもし阿弥陀仏の来迎がなければ化土往生もできない不確かな救いであることも特徴です。加えて、修める行自体は聖道門と同じ六度万行であり、それは阿弥陀仏が因位の時の行ですから、私達が普段の身口意の三業で心がけている倫理道徳上の善とは比較にならない遥かに高次元の善根功徳です。末法でしかも在家の我々には修し難い難行であり、本願の名号に比べたなら劣った行です。また、19願は二双四重の教判では横出・漸教・自力仮門に分類されています。

こうした19願の善をやれ、しかも18願の救いを目指してやれと言っているのですから滅茶苦茶なんですよ。18願とは、他力念仏往生を誓われた願であり、念仏一行を専修するのであり、往生が定まるのは平生ですから平生業成を誓われた願であり、往く先の浄土は真実報土ですから報土往生を誓われた願です。そして臨終を待つこともなく、阿弥陀仏の来迎をたのむこともなく往生が定まりますから確かな救いであることも特徴です。加えて、修める行は阿弥陀仏に回向される念仏行ですから、至って易くしかも最も勝れた選択本願の大行です。また、18願は二双四重の教判では横超・頓教・真宗に分類されています。

19願と18願の違いをまとめると以下の通りです。

19願 ― 自力諸行往生
信心 ― 自力心
往生の行 ― 雑行・雑修
往生定まる時 ― 臨終
往生する処 ― 化土
臨終を待ち、来迎がなくば化土往生もできない不確かな救い
横出・漸教・自力仮門


18願 ― 他力念仏往生
信心 ― 他力心
往生の行 ― 念仏一行
往生定まる時 ― 平生
往生する処 ― 報土
臨終を待つことなく、来迎をたのむこともない確かな救い
横超・頓教・真宗


このように19願と18願では大きく異なります。これが理解できれば、

19願を勧めること
=自力諸行往生を勧めること
=雑行・雑修を勧めること
=臨終業成を勧めること
=化土往生を勧めること
=臨終を待ち、来迎がなくば化土往生もできない不確かな救いを勧めること
=横出、救いに長い時を費やす漸教、自力仮門を勧めること


ということがお分かり頂けるでしょう。親鸞聖人の教えに、

自力諸行往生の勧め、雑行・雑修の勧め、臨終業成の勧め、化土往生の勧め、臨終を待ち、来迎がなくば化土往生もできない不確かな救いの勧め、横出・漸教・自力仮門の勧め

はありません。19願を勧めるとはどういうことか、19願を勧める親鸞会が如何に親鸞聖人の教えと異なるか、親鸞聖人の教えに19願の勧めが有るのか無いのか、もはや歴然です。



ところで、かつて会員だった頃、親鸞会で教えられたように善をしようともがいていました。その時は阿弥陀仏が遠くに感じられていました。また、仏教を聞く目的は後生の一大事(必堕無間の意)の解決・信心決定であり、これが人生の目的であり、人生の目的を完成したら絶対の幸福になるなどと聞いていて、正直阿弥陀仏と何の関係があるのかと思ってしまったものです。

しかし、親鸞会を退会してから、念仏を称えている時は阿弥陀さまが近くに感じられました。また、仏教を聞く目的は浄土往生であると聞いて、阿弥陀仏のことが近くに思われたものです。

これは単なる感覚かと思っていましたが、ちゃんと聖教に根拠がありました。それが、

親疎対、念仏は仏に親しく馴染み深いが、諸善は疎遠である。(行文類)

でした。通りで善(善もどきの善)をやっている時は阿弥陀さまが遠く感じられたわけです。

このように、親鸞聖人は念仏と諸善を比較し、相対して論じられています。詳しくは

『飛雲』会員との問答(聖教の読み方について)

に紹介されていますのでご覧下さい。この比較対論からも、19願の勧めなど皆無であり、専ら18願のみお勧めであることが判ります。会員の皆さんには、親鸞聖人の仰せと高森顕徹会長の主張との相違点を比較し、相対して検証されることを強くお勧めします。そうすれば、おのずと親鸞会教義の誤りと正しい親鸞聖人の教えが明確に分類されることでしょう。方便仮門は速やかに捨てて、如来の大願他力に帰して頂きたいばかりです。


【修正】
ご意見を頂き、「雑行(雑行と正行の兼行)」と表記していた箇所を、「雑行(五正行以外の諸善)・雑修(正業と助業の兼行)」と修正しました。中に、「諸善万行、定散二善の中に正行は入らないのか」と下らないツッコミをしてくる方があるかも知れませんので、「雑行あるいは雑行と正行の兼行」という意味で書いたのですが、「雑行=雑行と正行」と誤解される可能性があるとの理由です。以上、皆様に報告致します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 秘密コメント様

コメントありがとうございます。有難く拝読させて頂きました。私もその節は大変お世話になり、誠にありがとうございました。

これからも、私のできる範囲ではありますが、親鸞会教義の誤りと正しい親鸞聖人の教えについて書き続けていきたいと思います。

南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード