「諸行の行人、自力不真実の行人になること」、「十九の願をたのみて来迎にあづかること」、「報土の往生をとげず、胎生辺地の往生」、「臨終正念ならずしては辺地胎生の往生もなほ不定な救い」を勧める高森顕徹会長

親鸞会流「三願転入の教え」は、「他力真実の行人になるために、まず自力不真実の行人になれ」という教え

に書いていますが、存覚上人も19願と18願を対比して教えられ、18願のみをお勧めになっています。

問うていはく、念仏の行者は十八の願に帰して往生を得、諸行の行人は十九の願をたのみて来迎にあづかるといひて、各別にこころうることしか るべからず。そのゆゑは、念仏の行者の往生を得るといふは、往生よりさきには来迎にあづかるべし。諸行の行人の来迎にあづかるといふは、来迎ののちには往生を得べし。なんぞ各別にこころうべきや。

答へていはく、親鸞聖人の御意をうかがふに、念仏の行者の往生を得るといふは、化仏の来迎にあづからず。もしあづかるといふは、報仏の来迎なり。これ摂取不捨の益なり。諸行の行人の来迎にあづかるといふは、真実の往生をとげず。もしとぐるといふも、これ胎生辺地の往生なり。念仏と諸行とひとつにあらざれば、往生と来迎とまたおなじかるべからず。

しかれば、他力真実の行人は、第十八の願の信心をえて、第十一の必至滅度の願の果を得るなり。これを念仏往生といふ。これ真実報土の往生なり。この往生は一念帰命のとき、さだまりてかならず滅度に至るべき位を得るなり。

(中略)

自力不真実の行人は、第十九の願に誓ひましますところ の「修諸功徳 乃至 現其人前」(大経・上)の文をたのみて、のぞみを極楽にかく。しかれどももとより諸善は本願にあらず、浄土の生因にあらざるがゆゑに、報土の往生をとげず。もしとぐるも、これ胎生辺地の往生なり。この機のためには臨終を期し来迎をたのむべしとみえたり。これみな方便なり。されば願文の「仮令」の句は、現其人前も一定の益にあらざることを説きあらはすことばなり。この機は聖衆の来迎にあづからず。臨終正念ならずしては辺地胎生の往生もなほ不定なるべし。しかれば、本願にあらざる不定の辺地の往生を執せんよりは、仏の本願に順じて臨終を期せず来迎をたのまずとも、一念の信心定まれば平生に決定往生の業を成就する念仏往生の願に帰して、如来の他力をたのみ、かならず真実報土の往生をとぐべきなり。
『浄土真要鈔』【11】

18願と19願を上の御文から対比すると以下の通りです。

18願について
○念仏の行者、他力真実の行人
○十八の願に帰して往生を得
○念仏往生、真実報土の往生
○一念帰命のとき、さだまりてかならず滅度に至るべき位を得るなり。


19願について
○諸行の行人、自力不真実の行人
○十九の願をたのみて来迎にあづかる
○報土の往生をとげず、胎生辺地の往生
○聖衆の来迎にあづからず。臨終正念ならずしては辺地胎生の往生もなほ不定なるべし。


このように対比して論じられた上で、存覚上人のお勧めはやはり法然聖人、親鸞聖人、覚如上人同様、

しかれば、本願にあらざる不定の辺地の往生を執せんよりは、仏の本願に順じて臨終を期せず来迎をたのまずとも、一念の信心定まれば平生に決定往生の業を成就する念仏往生の願に帰して、如来の他力をたのみ、かならず真実報土の往生をとぐべきなり。

と、やはり18願のみをお勧めになっています。あたり前田のクラッカー(笑)ですが、

18願による救いを求めて19願の善をやれ

などという珍説は見ることができません。なぜかというと、

19願を勧めること
=諸行の行人、自力不真実の行人になるよう勧めること
=十九の願をたのみて来迎にあづかるよう勧めること
=報土の往生をとげず、胎生辺地の往生を勧めること
=臨終正念ならずしては辺地胎生の往生もなほ不定な救いを勧めること


だからです。19願の行、信、証さえ理解できれば、高森会長の邪義など簡単に見破ることができます。

19願を実践していたら化土へ往ってしまいます(あくまで臨終正念が条件ですが)。それにどのような善をどのような気持ちで、どれくらい実践したら善のできない自分と知らされ19願から離れるのでしょうか? 親鸞会の善もどきの善をやってもそれは19願を実践したことにはなりませんから、会員の皆さんは18願への道を封鎖され、いつまでも19願の門前で押し留められている状態です。善知識方の教えを受けて、自分で見切りをつけないことには19願を離れることはできません。

親鸞会流「三願転入の教え」は、聖教上に根拠のないデタラメ創作教義です。いい加減、お聖教にないことを「これこそ親鸞聖人の本当の教えだ!」と妄言吐くことは止めてもらいたいものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ちょい、お久しぶりですw

いつも有難く読ませて頂いてます。

退会者の書かれる文章はとても分かりやすく、皆、頭いいですよね〜ってこの前もRCさんと話してました。

最近のこちらのブログを拝見して思うのは、本当に阿弥陀さまのお一人働きだったなぁという事です。
自分はなんにも変わってないんですよね。
実は最近、精神状態が悪化して10月いっぱい休職してます(今の会社もブラックなので、休職は認められずにまた退職する事になると思ってましたが)。
俺は人よりも罪が重いんだと思います。ありえない幸せな身にたまたまさせて頂いたのに、どうしようもなく死を考えてしまいます。
そういう自分は変わっていないのですが、善知識方の御法話の日、お同行とご法義を喜んでいる時、折りに触れ縁に触れお念仏が口に出る時など、苦しみばかりでまた流転を繰り返していって当たり前だった自分がなぜこの身にして頂けたのか、ただ不思議で有難いです。

周囲との違和や生きる事の辛さから孤独感は相変わらずですし、苦悩の旧里は捨て難く、急いでお浄土へ行きたい気持ちもない奴ですが、ひと息切れたあとに開かれる涅槃寂静のお悟りの世界を考えてしまう自分もいます。

公開コメで書いていいものか分からないので、アレだったら削除して頂きたいのですが、退会者方の書かれるブログを読み、会ったことはないけれど多くのお同行がこの世界にいるのを知って、まだこの世にいたい、お聴聞したい、多くのお同行とご法義喜びたいという気持ちが起きてきます。

ブログ更新は楽しみですが、無理はせずにご自愛くださいね。
乱文、失礼しました。

>R1000様

このブログではご無沙汰ですね。あさ川さんのブログの方だとちょいお久~って感じですかな(^^)/

ありがとうございます。

>本当に阿弥陀さまのお一人働きだったなぁという事です。

何やかんや言葉を重ねていますが、これが伝わってもらえれば(#^^#)


人生、阿弥陀さまに摂取して頂いても、この世を含めて宿世の業で災難悪果はやってきます罠(*´Д`) 辛い時は辛い、苦しい時は苦しいもんです。しかしR1000さんの状況は大分深刻ですね・・・。

自分も死を考える時がありますが、浄土に往ってさとりを開きたいからかというとそうではなく、現状が辛いから浄土に逃げたいという欲の心が本心なのだと思います。そんな煩悩具足であるから、尚更放ってはおけないと願を発された阿弥陀さまが尊い、そんな阿弥陀さまの本願を共に信じ念仏するお同行が有難い、そう思いますね。

普段は仕事と家族のことで、一人でふらっと聴聞なんてとてもできない状況で、サイトの世界では実は少なくない方々が本願を信じ念仏していて、こうしてやり取りをしていると何だか嬉しいなと思います。R1000さんとは、いつになるやら分かりませんがお浄土で遇う前にこの世でも会っておきたい一人です。

そう言えば最近連投でした(笑) 間もなく落ち着くと思います。ネット対策員の方(と思われる)にはネタを提供して下さいましてありがとうございますってな感じです。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード