「自分の意思」というのは自力でしょうか。それとも他力でしょうか。また、20願を離れるのも自分の意思でしょうか。(頂いた質問)

19願からは、自分の意思で、あるいは教えてもらうことで離れることができます

の記事に質問を頂きましたので、お答えしていきたいと思います。

********************
「自分の意思」というのは自力でしょうか。それとも他力でしょうか。
********************

まずその前に自力、他力という言葉の意味をご理解下さい。

まづ自力と申すことは、行者のおのおのの縁にしたがひて余の仏号を称念し、余の善根を修行してわが身をたのみ、わがはからひのこころをもつて身・口・意のみだれごころをつくろひ、めでたうしなして浄土へ往生せんとおもふを自力と申すなり。また他力と申すことは、弥陀如来の御ちかひのなかに、選択摂取したまへる第十八の念仏往生の本願を信楽するを他力と申すなり。(親鸞聖人御消息)

【現代語訳】
まず自力ということは、行者がそれぞれの縁にしたがって、阿弥陀仏以外の仏の名号を称え、あるいは念仏以外の善を修めて、自身をたのみとし、自らのはからい心で、身・口・意の三業の乱れをとりつくろい、立派に振舞って浄土の往生しようと思うことを自力というのです。また他力ということは、阿弥陀仏の四十八願の中で、真実の願として選び取ってくださった第十八の念仏往生の本願を疑いなく信じることを他力というのです。『飛雲』行者のはからひは自力なれば義といふなりより)

このようなことですから、「自分の意思」そのものは自力でも他力でもありません。「自分の意思」であれこれ計らい方法論を実践して浄土へ往生しようと思うならそれは自力といい、「自分の意思」を入れずに如来の仰せをそのままお受けするなら他力といいます。あくまで成仏、往生、獲信といったことに関して自力とか他力と言いますのでご承知おき下さい。

「19願を捨てるのは阿弥陀仏の本願力によってではないのか」という質問ではないかと思いますが、聖道門と浄土門を自分の意思で、あるいは教えられて選ぶのと同じように、願の上では18願と19願を自分の意思で、あるいは教えられて選ぶのです。私には、19願を捨てる捨てないに関して阿弥陀仏の本願力がどのように作用するのかは全く見当もつきません。ただ、自力の心と違って、雑行・雑修の行を捨てるのですから、実践してできないことを知らされずとも自分の意思で捨てられる、ということを言いたかったのです。まぁ元々19願をやろうともしていなければ、捨てるも何もないし、捨てようという「自分の意思」も存在しないのですがね。


********************
また、20願を離れるのも自分の意思でしょうか。
********************

これについては複雑ですね。20願と18願とでは、行は同じ選択本願の念仏、信が自力か他力かの違いということです。他力を聞くところに自力は廃るのですから、20願の行者が18願に転入するのは自分の意思ではなく、如来の願力です。
ただ、これは信前の者をみな20願の行者と捉えるかどうかの問題でして、もし捉えないなら20願は結論として浄土真宗では勧められませんので入るも離れるもありません。

20願については親鸞聖人は多く触れられていますが、七高僧方や覚如上人、存覚上人、蓮如上人は、不勉強のため誠に恐縮なのですが、具体的に20願を出して触れられている箇所が見つかりません。『化身土文類』の20願の根拠として祖師が挙げられているものは、それぞれの高僧知識方が20願を仰ったものなのかどうか特定ができないのです。どなたか七高僧方や覚如上人、存覚上人、蓮如上人の20願についての記述をご存じの方は根拠をお知らせ下さい。

話を元に戻して、もし私達を20願の行者と捉えないならば、先ほどと同様に20願から離れようという「自分の意思」はそもそも存在しません。


親鸞会では獲信までのプロセスとしてすべての人は19願から始めなければならないと教え、19願に執拗にこだわります。そして、19願が廃るのは自力一杯19願を実践して善のカケラもできない自分だったと知らされてからだというのです。それで私は、そのこだわっている人に

「19願では報土往生はできないから捨てなさい」
「親鸞聖人の教えには19願を実践せよという説示はありません」
「19願を捨てるのは自分の意思で、あるいは教えてもらうことでできます」
「19願の実践をする必要なく19願から離れられます」


と申し上げているだけです。そこをご理解下さい。

19願の先に20願があり、20願の先に18願があり、行はどうかとしても心の道程としては19願→20願→18願と進むという親鸞会の考えがもしおありでしたら、それはお捨てになった方がよろしいと思います。もしそんな考えがなければ結構です。


【補足】
林遊@なんまんだぶ様よりコメントを頂きました。ありがとうございました。

他力という言葉が、他者依存のような意味で用いられているが、本来の他力という言葉の意味は、一方的に衆生を救済するという阿弥陀如来の利他力を仏の側から表現した言葉である。

と教えて頂きました。詳しくは、コメントにあるリンク先をお読み頂ければと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

利他力

他力というワードに反応してみた。
質問とは、問いそのものが間違っているということもあるのだけど、真面目に答えられる淳心房さんは優しいですね。
仏教用語というものは世間語と全く違った意味があるのですが、これを説明しようとするとめちゃくちゃ難しいですね。
ともあれ、他力ということで考察したことがあるのでリンクしておきます。

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ
http://labo.wikidharma.org/index.php/%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%AF:%E4%BB%96%E5%8A%9B

Re: 林遊@なんまんだぶ様

今回は他力に対するご解説、ありがとうございます。


>利他:(自)利他 「自が他を利す」 自である仏(自)が、他である我(他)を利益する。
利他 自利レ他 (自が他を利す)無作の義

親鸞聖人は阿弥陀仏を自、つまり主体として、他である私をお救い下さるという如来中心の見方をされたと理解しました。


>これを親鸞聖人は、
他力といふは如来の本願力なり。(行巻「他力釈」P.190)
と仰ったのである。他が自を救済する意味で他力と仰ったのではない。

すみません、これが今一つ自分の中にストンと落ちません。ここの「他」「自」とは
「他」・・・阿弥陀仏
「自」・・・私
ということではないのでしょうか? 要は、

>本来の他力という言葉の意味は、一方的に衆生を救済するという阿弥陀如来の利他力を仏の側から表現した言葉である。

という後の解説にあるように、他力とは仏の側から表現した言葉であるから、他者依存的意味で捉えるのではないのですよというお諭しなのでしょうか?


いやぁ、真宗というのは実に奥深いものがあり、一生や二生では学び尽くせないものであることを実感いたします。なんまんだぶを喜び申し上げればよいものの、その裏には緻密な理論展開がなされているのですね。
この前も共著のしゃあとメールをしておりまして、彼のご法義の理解は私のそれをはるかに凌駕していて、彼の言葉に疑問符がいくつも出てきたことがございました。林遊様のお言葉も同様で、示されたお言葉を何度も読み返してようやく自分の中に落ちるということが多々ございます。たまに、「もう私は愚痴にかえりて念仏するだ」と開き直ってしまうこともあります(笑)

なんまんだぶつ、なんまんだぶつ。

Re: Re: 林遊@なんまんだぶ様

追記


>浄土真宗というご法義の枠内におりながら、信心を頂いたとか頂かないとか、助かったとか助からないとか、それは何時であるかなどと論じる輩がいる。

>私はいま、如来の救済の真っ只中におりながら、私の救済を求め、ありもしない信心を追い求める事を疑心というのである。

これってめちゃくちゃ親鸞会のことじゃないですか!?
絶対の幸福だとかいう幻想的な楽、地獄一定と極楽一定を同時に知らされるだとかいうスーパー信心を追い求めて、「私が」法を聞いて助かろう、救いを掴もうとしています。向きが真反対ですね。「阿弥陀さまが」私を助けるということを聞かないと。まして19願だとか宿善だとかにこだわっていたらますます真宗のご法義は判らないでしょうね。



ところで、記事の文中にも申し上げているのですが、

七高僧方や覚如上人、存覚上人、蓮如上人の上で、具体的に20願を出して触れられている箇所

ってございますでしょうか? 祖師が『化身土文類』に20願の根拠として引文されているお言葉は、18願のことを言われている根拠とも取れるものばかりで、それぞれの高僧知識方が20願を表現されたものなのか判別ができません。


○19願を実践していくとどうなるか

親鸞聖人 (臨終に来迎があれば)辺地・胎生・懈慢界の往生。20願へ進むという説示は無い
―――――――――――――
高森会長 善のカケラもできない自己が知らされて、20願へ進む


という教義の差別をし、万人の獲信までのプロセスとして19願→20願→18願と進むのだとかいう珍説を打破したいと思い調べているのですが、ふと親鸞聖人以外で20願についての記述を見たことがないなと気付きました。18願と19願は善導大師(正確には要門と弘願ですが)、法然聖人、親鸞聖人、覚如上人、存覚上人、蓮如上人方は差別化して説かれていますが、18願と20願について差別化して説かれている箇所は聖人以外で見たことがないし、そもそも20願について他の方々の記述が見つかりません。

親鸞会の説が正しいならば、19願を実践していった先に20願があるのだから、20願についての記述がなければおかしいことになります。特に覚如上人、存覚上人、蓮如上人方は親鸞聖人の教えを相承された方々ですから尚更です。それで20願についての文証を探している次第です。ご存じな点があれば、お忙しいところ恐縮ですが教えて頂けたら幸いです。

No title

ちょっと解りにくかったですね。淳心房さんのご理解でよろしいです。

約仏、約生という言葉があります。
約仏とは、仏の教法を仏の側からあらわすことで、約生とは、仏の救済を衆生の側から表現することです。
約仏とは、本願を信じさせ、念仏を称えさせて、迎えとり悟りを得させる、のように仏の側からの救済の表現であり、約生では、本願を信じ、念仏を称え、浄土に往生して仏に成ると表現します。
そして『教行証文類』は、ほとんどが約仏で書かれているから、自己を主体として読もうとするとわけが判りにくいのでした。
その意味では、お聖教は自分が読むものではない、お聖教に私が読み込まれているのだ、と仰った和上がおられましたです。お聖教は、「汝」としての私を読んでいくのでしょうね。

先人は「なんまんだぶつが出来たから、我が案ずることはない」と仰いましたが、なんまんだぶを称え聞く者にさせて下さったことはありがたいことです。
で、暇だから、なんまんだぶのバックグランドを学ばせて頂くことでしたね。

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ
http://blog.wikidharma.org/blogs/blog/2009/01/11/%e8%81%b4%e8%81%9e%e9%9b%91%e8%a8%98%e3%81%8b%e3%82%89%e8%bb%a2%e8%bc%89/

横から失礼します。

林遊@なんまんだぶつさんと淳心房さんの会話、有難くよませて頂きました。
退会者ブログを読んで「しゅげぇえ〜!」とよく思うのですが、林遊@なんまんだぶつさんのコメントは真宗のご法義の真髄をいつも書かれていることは分かる気がするのですが、正直今の自分にはよく分かってないと思います。

昨日、お同行に導かれて初めて一楽先生のご法話に行ったのですが、同じように言葉に出来ない感動がありました。

うまく言えませんが、以前投稿文に下さった愚愚流さんのコメントの意味が少し知らされた気がします。
「仮に何も出来ない自分と自分では思っていても、今、生きているだけで貴方は尊いと仰るお方のことも考慮してはいかがでしょうか。
せっかくのはかりしれないいのち(無量寿)です。いかがなものでしょう。」

うまく言えませんが、ただひたすら有難いです。

南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏

訂正

林遊@なんまんだぶさん、でした。

失礼しました(汗

No title

浄土真宗は第十八願のご法義ですから第二十願についての祖師方の考察は知りません。
ただ法然聖人は『西方指南抄』(中本 )十七条御法語で、

或人念仏之不審を、故聖人に奉問曰、第二十の願は、大綱の願なり。係念といふは、三生の内にかならず果遂すべし。仮令通計するに、百年の内に往生すべき也。 云云
これ九品往生の義意釈なり。極大遅者をもて、三生に出(いで)ざるこころ、かくのごとく釈せり。又『阿弥陀経』の已発願等は、これ三生之証也と。

と、いうのはあります。『西方指南抄』はネットにUPしてあります。最近、現代語訳も出ましたから、晩年の御開山の著書として読むのも面白いかもです。


で、いわゆる三願転入ですが、弥陀観そのものが間違っている訳ですから抛っておくしかないと思ひます。昔の口の悪い布教使は、親さまのご信心がわからんかったら、なんまんだぶせい。果遂の願があるから、三生の内にはお浄土へ生まれるじゃろ、などと言ってました。
また、昭和30~40年代に、西欧の思想の影響や先の大戦の反省の上から、信仰の自覚という意味で三願転入を説いていた布教使が結構いたものです。いわゆるキリスト教の信と浄土真宗の信を混同して語っていました。ばあちゃん達も「あんた、まだ19願にも入っていないわ」などとやってましたですよ(笑

いわゆる生因三願については、下記に深川和上の著作からの切り抜きをリンクしておきますから、暇があったらどうぞです。

ちなみに親鸞会関係の方は、言葉について回る癖がありますが、御開山が『智度論』p.414を引文して「義に依りて語に依らざるべし」と示しておられることも意に留めておいた方がいいかもです。

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ
http://hongwan.net/5816f87ed24c5

コメント返信

林遊@なんまんだぶ様


ありがとうございます。
そう言えば以前母(浄土真宗とは無縁です)が、私の親鸞会への入れ込み様を見て

「(両手を真っ直ぐ前に伸ばし、両の指先を合わせピンと伸ばした格好をして)お前はこうなってる」

と忠告したことがありました。当時の私は、傍からは教えに対して脇目も振らず真っ直ぐに向かっているように見えたのでしょうね。生因三願のお話では図6のような感じです。

しかし、たとえ対象が阿弥陀さまであってもそれは向きが真反対でした。いわゆる自己を主体として阿弥陀仏の本願、救いを捉え、何とかしてどうかして救いにあずかろうとしていました。

それが、自力の悪い根性を阿弥陀さまに退治して頂いた今では、

「(両手を前上方に伸ばし、その手で顔に風を当てるような仕草で)自分は阿弥陀さまの仰せを一方的に仰いでいる」

といった感じです。言葉では伝えづらいですね・・・。林遊様ならお分かりになられるのではと思います。


>本願を信じさせ、念仏を称えさせて、迎えとり悟りを得させる

今はお浄土に往かれた近藤さんが、「聞かす一つだ」と言っていたことを思い出しました。これも約仏での本願の表現ですね。有難い仰せでした、南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏。


天守閣と石垣の譬え、有難く読ませて頂きました。私も少しずつではありますが、石垣の組み方を勉強していくことに致します。



さて、20願についての質問にお答え下さってありがとうございます。仰せの通り、私達に20願は知らなくてよいものなのですが、親鸞会の誤りを誤りだと言うため、いつかかつての会時代の仲間達に会った時にはちゃんと話ができるようになるために知っておきたいと思い質問させて頂きました。お手を煩わせましてすみません。

>果遂の願があるから、三生の内にはお浄土へ生まれるじゃろ、などと言ってました。

そういえば親鸞会の中で、このように聞いたことがあると言っていた人がいました。

>ばあちゃん達も「あんた、まだ19願にも入っていないわ」などとやってましたですよ(笑

「君たちは一九願の入口にも入っとらん」高森会長の講師部員への発言そのものです。ご法義以外にも林遊様から知らされることは多々ございます。ありがとうございます。



R1000様

間違いないですね。共著のしゃあならともかく、淳心房は理解に大分時間がかかります。

上手く言えない、上手く理解できないことも、何となく有難く伺える。そんな魅力が親鸞聖人の教えにはありますね。それが後になって「こういうことか」と知らされてくるとまた感動がある。こうしてお同行とやり取りをしていると、遇法の喜びというものが味わわれる気がします。南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 秘密コメント様

まず、「毎日充実した念仏の生活を送」られていたと以前コメント下さいましたのに、どうしてそのようなことを思ったのでしょうか? 教えて頂けますか?

安心論題/信心正因
http://labo.wikidharma.org/index.php/%E5%AE%89%E5%BF%83%E8%AB%96%E9%A1%8C/%E4%BF%A1%E5%BF%83%E6%AD%A3%E5%9B%A0

安心論題/十念誓意
http://labo.wikidharma.org/index.php/%E5%AE%89%E5%BF%83%E8%AB%96%E9%A1%8C/%E5%8D%81%E5%BF%B5%E8%AA%93%E6%84%8F

安心論題/正定業義
http://labo.wikidharma.org/index.php/%E5%AE%89%E5%BF%83%E8%AB%96%E9%A1%8C/%E6%AD%A3%E5%AE%9A%E6%A5%AD%E7%BE%A9

Re: 秘密コメント様

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 秘密コメント様

親鸞会や、そもそも真宗と縁のない人に伝えるのはそれはそれでまた大変難しいことです。
報謝の活動お疲れ様です。


>念仏は称えなければならないものでしょうか。
信心決定するために念仏は必要なのでしょうか、それとも不必要なのでしょうか。あるいは念仏は捨てなければ救われないのでしょうか。

とのことですが、阿弥陀仏が本願にて(本願を信じ)念仏する者を浄土に迎え取ると誓われているのですから、当然往生・獲信には念仏一つです。では信心との関係はというと、「念仏一つで助かる」という信心です。信心と念仏とは二つのようですが一つです。そして一つであって二つです。別記事で元会員さんがコメントされていた中にありますが、

まさに知るべし、上の諸行等をもつて本願となさば、往生を得るものは少なく、往生せざるものは多からん。しかればすなはち弥陀如来、法蔵比丘の昔平等の慈悲に催されて、あまねく一切を摂せんがために、造像起塔等の諸行をもつて往生の本願となしたまはず。ただ称名念仏一行をもつてその本願となしたまへり。 (選択本願念仏集)

と法然聖人は仰せです。ですから本願の念仏を勧めてあげて下さい。

また、前に触れましたが念仏を自分の善根としてとらえ、称えた念仏で助かろうというのは自力の念仏です。念仏には、「そなたを間違いなく助けるぞよ」という御親の願いとそれを果たすだけの行とが納まっています。

我称え 我聞くなれど なもあみだ 連れてゆくぞの 親の呼び声

と歌った人がありますが、念仏するとは「連れてゆくぞ」の阿弥陀さまの呼び声が私の口を通して顕現し、私としてはそれを聞いていることに他ならないということです。念仏するという自分の行為で助かるのではなく、念仏の中に込められている大悲によって我々は喚び覚まされ、大悲の中にあることを知らされ、救われてゆくのです。

こうしたことで分かってもらえるかは分かりませんが、参考になればと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 秘密コメント様

法をお伝えすることに関しては、残念ながら私はまだ素人です・・・。

あさ川さんのブログで紹介されている阿部信幾先生
http://blog.livedoor.jp/skai_as/archives/48774949.html

紅楳英顕先生
http://kobaieiken.net/

『お坊さんのつぶやき部屋』の赤澤英海先生
http://namonamo7676.com/

挙げた方々はごくごく一部で、他にも真宗の教義を正確に、分かりやすくお伝えする方は沢山いらっしゃいます。

もしお時間があるなら、法話を聞きに行かれて、「この方は本願力回向の教えを説いている方だ」という方を見つけて、そういう先生のお話を一緒に聞くとか、聞き覚えてお話するとかされたら如何でしょうか?
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード