せっかくの祖師方のお示しも信後のこととしか捉えられず、信前は善(雑行)に励まなければ救いに近づけないとしか考えられない親鸞会会員

親鸞会会員は19願についての知識があまりに乏しいので何度も言いますが、

19願は平生に雑行(・雑修)を修める行者を臨終に迎えに現れ、方便化土へ往生させようという誓願

です。修めるものがらは「捨てよ」としか言われていない雑行です。往生が定まるのは臨終ですから、臨終業成です。そして得られる証果は、臨終に来迎があったとしても双樹林下往生すなわち化土往生です。

定散の善は諸行往生のことばにをさまるなり。この善は他力のなかの自力の善なり。この自力の行人は、来迎をまたずしては、辺地・胎生・懈慢界までも生るべからず。このゆゑに第十九の誓願に、「もろもろの善をして浄土に回向して往生せんとねがふ人の臨終には、われ現じて迎へん」と誓ひたまへり。臨終まつことと来迎往生といふことは、この定心・散心の行者のいふことなり。(末灯鈔)

その19願を実践せよ、しかも平生業成・報土往生を誓われた18願の救いを目指してやれというのですから滅茶苦茶です。月へ歩いて行けと言うようなもので、目的と手段が全く嚙み合っていないのですから絶対不可能です。対して18願の救いは法蔵菩薩の五劫永劫の願行の総体すなわち南無阿弥陀仏を疑いなく信受して報土往生するというものです。雑行・雑修の入り込む隙間は微塵もありません。我らの力を全く借りず、ただ如来の願力のみで往生・成仏させられますから、他力の中の他力と言われるのです。自力の行信の入り混じる19願の実践と、他力の行信しかない18願の救いとは当たり前の当たり前ですが無関係です。


それを、御文を高森流にしか解釈できず、

・雑行・雑修・自力の心を捨てよとは、早く19願、20願(自力)から18願(他力)へ進みなさいということ
・信の一念までは雑行(諸善万行)をすることで救いに近づき、雑行を捨てるのは信の一念の時
・親鸞聖人は仏教をそのまま伝えているのだから、善の勧めがあって当然


などというたわけた理屈で祖師方のお言葉を公然と否定しているのが親鸞会です。ただ、これでもろもろの雑行を許す親鸞会は浄土真宗ではないことがハッキリしたので、その点は良かったです。

されば自余の浄土宗はもろもろの雑行をゆるす、わが聖人(親鸞)は雑行をえらびたまふ。このゆゑに真実報土の往生をとぐるなり。このいはれあるがゆゑに、別して真の字を入れたまふなり。(『御文章』1帖目15通)

信前に雑行の勧めがあるなら、祖師方のお言葉で信前の人に雑行を勧められた根拠を示さねばなりません。それが示されない限りいくらヘンテコな理屈をつけた御文を並べようとそれは親鸞会でしか通りません。


「19願を実践してはいけません。善を実践してはいけません。」と法然上人、親鸞聖人が直接的に仰ったお言葉を1つでも出してみてはいかがでしょうか。

などと逆質問していますが、雑行を勧めるからには勧められた根拠を示すのが筋であり当然の事です。質問に質問で返して答えをはぐらかし、独自の理屈で根拠にならない根拠を挙げてその場を乗り切ろうとしている親鸞会からは、教えに対して不誠実な態度しか見られません。勝他のための議論をしているとしか思えません。私も過去にこのような親鸞会の態度に憤りを感じ、退会に向かって拍車がかかりました。そういう人は決して少なくないと思います。これみな親鸞会の自業自得です。
なお、これについては脱会者さんが明快にお答えになっていますので引用します。

********************
20願の人は、19願を捨ててますよ。善を捨ててますよ。
つまり、20願の人は、19願を実践してはいけませんし、善を実践してはいけません。
結論は、
信前に、「19願を実践してはいけません。善を実践してはいけません。」とならなければ18願に入れないってことです。
だから、「19願を実践してはいけません。善を実践してはいけません。」と法然上人、親鸞聖人がおっしゃるのは、当たり前。

********************

親鸞会理論でもって論破されています。善を捨てた20願の人でさえ自力執心ある間は18願に入れないのに、まして19願を実践しよう、善を実践しようなどとこだわっている間は絶対に18願に入れません。


また、「浄土の方便の善」「往生浄土の方便の善」という言葉については元会員さん、破親鸞会さんが説明されていますのでこちらも紹介します。

********************
浄土和讃の「往生浄土の方便の善」=「雑行」です。

雑の言は、人・天・菩薩等の解行、雑せるがゆゑに雑といへり。もとより往生の因種にあらず、回心回向の善なり。ゆゑに浄土の雑行といふなり。(化土巻)

もともと往生の行ではない諸善万行を、浄土に往生しようという心をおこし回向するから、諸善万行は往生の行(=浄土の雑行)になるのです。

「諸善万行ことごとく 至心発願せるゆゑに
 往生浄土の方便の 善とならぬはなかりけり」

の御和讃もこのことを言われたもので、(もともと往生の行でない)諸善万行も浄土に往生しようと願いを発して修めるから、往生浄土の方便の善(=回心回向の善=浄土の雑行)になるのだという意味です。

宿善になるとか、救いに近づくという意味は全くありません。

********************

釈家(善導)の意によりて『無量寿仏観経』を案ずれば、顕彰隠密の義あり。顕といふは、すなはち定散諸善を顕し、三輩・三心を開く。しかるに二善・三福は報土の真因にあらず。諸機の三心は自利各別にして、利他の一心にあらず。如来の異の方便、欣慕浄土の善根なり。これはこの経の意なり。(化身土文類)

『観経』顕説である定散諸善は釈尊が18願とは異なって説かれた方便の教え、浄土を慕い願わせるための善の教えです。聖道門に入ったが虚偽の人々に浄土を慕い願わせるための教えであって、詮ずる所は方便化土の業因ですから真実報土を目指す我々に必要なわけがありません。


********************
信後はではなく、信前に念仏一行になります。高森会長も言っていますが、20願は一心不乱に念仏を称える、これは20願は念仏一行になっていることです。

>雑行(自力の心)が廃るのは信の一念の時です。
>雑行・雑修・自力の心を捨てよとは、
>早く19願、20願(自力)から18願(他力)へ進みなさいということです。

雑行を捨てるのは19願から20願になったときにできます。
20願から18願に入る時には、雑行はすでにありません。自力の心を捨てるのです。

親鸞会は三願転入といいながら20願がないのです。
19願から18願へ入る二願転入になっているのがお分かりですかね。

三願転入、一念多念証文の御文は、

聖道門→19願→20願→18願

という聖道門から18願に入るプロセスを示したものです。
聖道門を信じる人は善人です。
聖道門の善と19願の善は同じです。
聖道門の善と19願の善の違いは、自らの力で覚りを獲ようとするか浄土を願うかの違いです。

雑行とは19願の善のことですが、雑行は元々聖道門の善であったのを浄土を願って修すると雑行になる。

これが

諸善万行ことごとく
 至心発願せるゆゑに
 往生浄土の方便の
 善とならぬはなかりけり


ということ。

聖道門は方便の善、雑行は往生浄土の方便の善

これだけのこと。
聖道門に関係ない人には19願は関係ない訳です。
悪人には聖道門が関係ないと同様に19願も悪人には関係ない。

********************

縦と横の線のマインドコントロールに汚染された脳では何十年経っても分からないかも知れませんが、これが現実です。聖道門の人々が18願→19願→聖道門と導かれると考えていたのを逆手に取られたのが親鸞聖人の誓願一仏乗の思想です。

承元の法難の経緯も知らず、仏教は善を勧めているのだからという単純な理屈で無根拠な珍説を喚き散らしていても、それは会の中でしか通用しません。それが公の場では通らないから高森顕徹会長は法論に応じられないだけです。それに約束の一つもまともに果たせなくて善の勧めなんてギャグや漫才以外の何物でもありません。読者の皆様は、約束を平気で破る人が「善をしなさい」なんて言っていたって何の説得力もないし、そんな人から教えを乞う気にもなれませんし、何よりも「まずお前が善をしろ!」と言いたくなりませんか? 善を勧めるのなら、まず言行一致さえまともに実践しない高森顕徹会長にきちんと実践するように勧めてからにして下さい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード