念仏申すのみぞ、すゑとほりたる大慈悲心にて候ふ

12月は師走と言われるように、1年の中で一番忙しいです。物流に携わる仕事をしている私としては、毎年嫌だなぁと思いながらこの時期を迎えています。近年はネット通販が異常なまでに普及しているおかげで、お歳暮に加えてとんでもない数の荷物がやってきます。機会があればいっぺん、事業所の荷物の山をクレーム入れてくる人達に見せてやりたい位です。これを1つ1つ捌いていくのかと思うと絶望感が漂いますよ。しかも随分と遅れてやってくるため、配達はどうしたって後手後手に回ってしまいます。

配る側のこちらとしたって、謝罪しながら怒られながら回るなんてまっぴらですから、できるなら納期・時間帯に間に合わせたいと思ってやってるんです。でも物量は多いわ、遅れてくるわ、問い合わせはあるわ、急かしてくるわ、やっとやっと希望の時間帯に行ってもすっぽかされるわで、とてもじゃないけどそうもいかないのが現状です。そして、一昔前は給料も良くて人もそこそこいたのが、今は給料が減って人も減っているので、一人一人にかかる負担がパネェんですよ。ところがたのむ側はそんなこと知らないでしょうから、「どうなってんだ」「何日も配達に来ない」「再配達依頼したのに来ない」「何回かけても電話に出ない」と物凄い剣幕で迫ってくるわけです。こんなんですから働く側はイヤになって辞めていきますよ。で、ますます対応ができなくなる。クレームが増える。イヤになって辞める。ひどい悪循環です。

どんなにできる人でも神じゃないんだから、一日に取り扱える量には限界があります。それに加えて電話対応だクレーム対応だ何だと降りかかってきたら、更にできることが限られてくるのは当たり前です。それを遅いだ対応が悪いだなんだかんだと善人様は怒ってるんですが、その怒りは元々は「あれが欲しい」「これがこんなに安く売ってる」という己の欲望が因となって表れているのです。本当にそれがこの時期に必要なものなのかどうか、どうしても通販で買わなければならないものなのかどうか、よく考えて、遅れるのは覚悟で注文してもらいたいです。できるなら、たのむから頼んでくれるなと言いたいです。


さて、前置きが長くなりましたが、そんなこんなで自分も辛く大変ですが、自分の隣のエリアを回っている女の子が自分に輪をかけて大変です。まだ20歳だというのに、朝早くから夜遅くまで一生懸命やっている姿を見ると、心を動かされます。仕事を終えて、事業所で彼女の疲れ切った顔を見るのは正直辛いです。何とか助けてやりたいと思うのですが、てめぇのエリアが満足に回れてないのに他人のヘルプどころじゃないので、助けるにしても僅かな量しか持ってやれないのが現状です。頑張り屋の彼女の泣いている顔は見たくない、何とか助けになりたいとは思っても、思うままに助けてやれない人間の慈悲は不完全なものであることが知らされます。

これで思い起こされるのが、『歎異抄』第4条です。

一 慈悲に聖道・浄土のかはりめあり。聖道の慈悲といふは、ものをあはれみ、かなしみ、はぐくむなり。しかれども、おもふがごとくたすけとぐること、きはめてありがたし。浄土の慈悲といふは、念仏して、いそぎ仏に成りて、大慈大悲心をもつて、おもふがごとく衆生を利益するをいふべきなり。今生に、いかにいとほし不便とおもふとも、存知のごとくたすけがたければ、この慈悲始終なし。 しかれば、念仏申すのみぞ、すゑとほりたる大慈悲心にて候ふべきと[云々]。

慈悲について、聖道門と浄土門とでは違いがあります。聖道門の慈悲とは、すべてのものをあわれみ、いとおしみ、はぐくむことですが、しかし思いのままに救いとげることは、きわめて難しいことです。一方、浄土門の慈悲とは、念仏して速やかに仏となり、その大いなる慈悲の心で、思いのままにすべてのものを救うことをいうのです。この世に生きている間は、どれほどかわいそうだ、気の毒だと思っても、思いのままに救うことはできないのだから、このような慈悲は完全なものではありません。ですから、ただ念仏することだけが本当に徹底した大いなる慈悲の心なのです。このように聖人は仰せになりました。

人間の慈悲の限界を知らされるにつけ、念仏申すのみぞ、末通る大慈悲心であると言われた聖人のお心が分かる気がします。南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏。あまりまとまっていませんが、今回はこの辺で。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お疲れ様です。
すごく共感しました。

俺も休職明けて仕事量や内容は更にレベルアップした感じで、今も分けわかんない金型を設計中です。
ちょっとした現実逃避書き込みで、済まんですw

自分が自殺系人間なので、俺はどうしても自殺志願者など苦しんでる方中心にネットでも声をかけるのですが、人間の限界を感じます。
精神科通って薬飲みながらなんとかやってる最近ですが、また一人暮らし始めることにしました。
苦しんでる方ひとりにでもなんとかお伝えしたいのに、すぐに自身の事でいっぱいいっぱいになってしまいます。
生きられないけど、怖くてどうしても死ねないと苦しんでいる人はあまりにも多いです。
阿弥陀さまに祈るような気持ちでレスしたり日記書いたりしているのですが、俺には出来ることしか出来ないと最近、痛感します。

自分が南無阿弥陀仏の人生を、お聴聞の人生を歩んでいくことが自分にとっても苦しんでる方にとってもいいのかなとも思います。

俺もまとまっていませんが、共にお念仏の人生を生きましょう。

南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏

Re: R1000様

現実逃避いいじゃないですか。しましょうしましょう。もうそうでもしないとやってられませんよ(*´Д`)気ぃ狂ってきちゃいます。愚痴をこぼして少しでも気が楽になるのならそうしていきましょうよ。

自殺志願者の方々も苦しい思いをしながら何とか生死の間を彷徨って生きているわけですが、自分にはどんな言葉を使って接したらいいのか全く分かりません。まして本願をお伝えするのは、絶望への挑戦、ミッションインポッシブルではないかと思われます。でも、こんな私をあきらめないでいて下さった阿弥陀さまの御恩を思うと、少しでも、わずかでもと思います。私こそすぐ自分のことだけでいっぱいいっぱいになって三毒にまみれてしまいますが、願力不思議なのかただのお節介なのか、こうして書かせて頂いています。

南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード