こんなフレーズを使うサークルに注意!

3月4月、浄土真宗親鸞会という団体が、大学で1年生を勧誘しています。
後の時期になると、他の学年も勧誘していることが多いです。

どんな方法で勧誘されるかは大学ごとに異なります。
キャンパス内で、学外で、友達を通じて、下宿訪問、メルマガ登録、mixi、ツイッターなど様々な形態で勧誘を行っています。さよなら親鸞会でも、mixiを使った勧誘に注意するようコメントがついていますので、参考にして頂ければと思います。

初めて出会ったときに、「親鸞会」とは言わないので注意が必要です。

どんな形で勧誘されても、やがて講義形式の話を聞くことになります。
そして、高森会長の法話やビデオ座談会に参加し、何ヵ月後かに親鸞学徒(親鸞会会員のこと)になることを勧められます。

何回か話を聞いてみて、サークルでなされる話の中で以下のような単語が複数出てきたら、親鸞会である可能性が高いです。


・メルマガ登録
・履修相談
・目的が大事
・人生の目的
・なぜ生きる
・生きる意味
・人生のビジョン
・人生の羅針盤
・縦と横の線の図
・人生のゴール、決勝点、卒業
・目的があって手段がある
・大学卒業生1000人に聞きましたアンケート(大学生白書)
・ジャッジメント能力(利根川進)
・インターネットの情報は必ずしも当てにならない、自分の目と耳で確かめるのが大事
・七つの習慣 「Begin with the end in mind.」
・三階建ての家を欲した金持ちの息子
・約束は必ず果たさなければならない(ナピールと少女の話)
・「人生はマッチ箱のようである。大切に扱うにはバカバカしいが、大切に扱わねば危険である。」(芥川龍之介)
・「科学は、何々だということは言える。しかし、何々であるべきだということに答えはない。」(アインシュタイン)
・「宗教なき科学は不具であり、科学なき宗教は盲目である。(※宗教を哲学に変えて言う場合有り)」(アインシュタイン)
・「人生は、狂人の主催したオリンピック」(芥川龍之介)
・「花のいのちはみじかくて、苦しきことのみ多かりき」(林芙美子)
・「人間は生きて苦しむ為めの動物かも知れない」(夏目漱石)
・「人生は地獄よりも地獄的である」(芥川龍之介)
・「人生とは、いくつもの狭き門をくぐり続けるようなものだ」
・限界効用逓減の法則
・「一番幸せ」が「金メダルなんていらない」に(岩崎恭子選手)
・渇愛の法則
・日本では自殺者が年間3万人以上
・目的 手段
・生き甲斐 趣味
・目標
・死ぬまで求道
・相対の幸福 絶対の幸福
・幸福の字の由来
・人間に生まれてきて良かった
・生命の歓喜
・大安心 大満足
・いつ死んでも悔いなし
・人生を飛行機や海、マラソンなどにたとえた話
・「越えなばと思いし峰に来てみればなお行く先は山路なりけり」
・「人の一生は重荷を背負うて遠き道を行くがごとし」(徳川家康)
・「おごらざる者もまた久しからず 露と落ち露と消えにし我が身かな 難波のことも夢のまた夢」(豊臣秀吉)
・「私はただ、真理という大海の砂浜で小石を拾っている子供のようなものだ。」(ニュートン)
・苦しみの新しい間を楽しみといい楽しみの古くなったのを苦しみという
・命とは私に与えられた時間
・武蔵の剣法
・「人生は苦なり」
・「歓楽尽きて哀情多し」
・「四方八方眺むれど唯愁嘆の声のみぞ聞く」
・光に向かって
・仏教
・世界の光 親鸞聖人
・亀井勝一郎
・日本の三哲(西田幾多郎、三木清、田辺元)
・正見(一休の立て看板と蓮如の答え)
・諸行無常
・教行信証
・歎異抄
・難度海 苦海
・「難度海を度する大船」
・無碍の一道
・煩悩即菩提
・摂取不捨の利益
・平生業成
・「人身受け難し 今已に受く」
・盲木浮木の譬
・父母恩重経
・親の大恩十種
・天上天下唯我独尊
・お釈迦様 釈迦
・愛憎一如
・苦楽一如
・生死一如
・信疑一如
・顛倒の妄念
・酔生夢死
・いろは歌
・一炊の夢
・「まことに死せんときはかねてたのみおきつる妻子も財宝も我が身には一つも相添うことあるべからず」
・「人間はただ電光・朝露の夢・幻の間の楽しみぞかし」
・トルストイ 『懺悔』
・有無同然
・南国の原住民と金持ちの話(オレはもうヤシの木の下で昼寝をしているよ)
・ダイアナ自殺未遂5回
・カロザース破格の待遇も41歳の若さで自殺
・苦悩の根元
・無明の闇
・世人薄俗にして共に不急の事を争う
・人生は苦しみの花咲く木
・『むなしさの心理学』(諸富祥彦)
・一人一人の業界にそれぞれが住んでいる
・孤独地獄
・独生独死独去独来
・生死の一大事
・後生の一大事
・大命まさに終わらんとして懼悔こもごも至る
・三愛
・三位の臨終
・死の問題 死の大問題
・無常を観ずるは菩提心の一なり
・『死を見つめる心』(岸本 英夫)
・「死というのは突然やってくる暴力」(ビートたけし)
・元旦や 冥土の旅の 一里塚 めでたくもあり めでたくもなし(一休)
・世の中の 娘が嫁と花咲いて 嬶としぼんで婆と散りゆく(一休)
・人生は食て寝て起きて糞たれて 子は親となる 子は親となる(一休)
・三人の妻
・自分探し
・人間の実相
・真実の自己
・知るとのみ思いながらに何よりも知られぬものはおのれなりけり
・三枚の鏡
・他人鏡 自分鏡 法鏡
・煩悩 三毒の煩悩
・五欲
・七慢
・身口意の三業
・心を一番重く見る
・我利我利
・自利利他
・六度万行
・因果の道理
・三世十方を貫く
・自業自得
・善因善果 悪因悪果 自因自果
・まかぬたねは生えぬ 刈り取らねばならぬ一切のものは自分のまいたものばかり
・まけばはえ まかねば生えぬ よしあしの 人は知らねど タネは正直
・八識(眼識、耳識、鼻識、舌識、身識、意識、末那識、阿頼耶識)
・暴流の如し
・因縁果
・年毎に 咲くや吉野の 山桜 木を割りて見よ 花のありかは
・ナワをうらむ泥棒
・火の車 造る大工は なけれども 己が造りて 己が乗りゆく
・東條英機の辞世の句
・六道輪廻
・流転輪廻
・出離
・八難


※自分や友人・子供が入ったサークル、自分や友人が誘われたサークル、友人に誘われたサークルが親鸞会かどうか心配になった人は、コメント欄に情報を書いて下さい(管理人しかみることのできない秘密コメントもできます)。親鸞会かどうか見極めたいと思います。

こんな話に注意!も参考にしてください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

情報を有難うございます。

親鸞会の講師部始め会員、学友部員が勧誘目的で、親鸞会と言わずに立場を偽ったりあやふやなままで、mixiやツイッターを使っているのは事実ですから、親鸞会と分かったら通報するなりした方がいいかも知れません。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード