親鸞会では「そのまま」助ける本願に、文字通り「そのまま」助けられることはありません

今週が正念場だと覚悟していましたが、予想を上回る物量に四苦八苦しています。荷物達が本気で俺を殺しにかかってきています。何とか無事に今年を終わりたい・・・。

さて、18日(日)はテレビ座談会だったようです。内容は、アニメ映画『なぜ生きる』の中の、蓮如上人の台詞

「阿弥陀仏が、そんな者を、そのまま乗せて、必ず弥陀の浄土まで渡す」

についてだと教えて頂きました。「そんな者」とはどんな者か、「そのまま」とはどんなままか、わがままか、このままでよいか、ということについて話がなされたそうです。

高森顕徹会長によると、「そんな者」=「難化の三機」=「五逆・謗法・闡提」で、「難化の三機」を「難化の三機」のまま大船に乗せると誓われたのが阿弥陀仏の本願だというのです。これについても大分ツッコミが要る所ですが、今回は相手にしません。相手にするのは、実際は親鸞会では「そのまま」大船に乗ることはできないという点です。

普通「そのまま」と言ったら、「何も手を加えないまま」「今の何も変わらないまま」「今の私のまま」ということですが、親鸞会の場合は違います。親鸞会の場合は、求道せずに、横の道を進まずに、縦の線に辿り着かずに「そのまま」助かるということはあり得ません。じゃあ「どのまま」かというと、

横の道を進んでいって、「難化の三機でしたー!」とハッキリ知らされた「そのまま」

ということでしょう。つまり、

「そのまま」ではなく、求道していって自己の姿がハッキリ知らされる必要がある

ということです。手を加え、変わる必要がある、ということです。今の私は助からず、求道していった私が助かる、ということです。このように信じているからこそ、会員の皆さんはうんざりするほどやってくる募財や顕正活動に堪えて活動しているのだと思います。「今の私のまま助かる」と思っていたら、あんなに頑張らない、頑張れないでしょう。後生は必堕無間と尻を叩かれ、絶対の幸福だとかいう幻想的な楽で釣られ、ありもしない獲信までの道程とやらを進んでいるつもりの皆さんは本当にお気の毒です。


阿弥陀仏が助けて下さるのは、現在只今苦悩に喘ぐこの私です。無常とも罪悪とも菩提とも知らず、時の流れのまま生きてやがて死んでゆく、悪に染まり罪にまみれそれを自分でどうすることもできない、苦しみから苦しみの綱渡りをしているこの私です。この私を、今の、何も変わらない、今のままの私を文字通り「そのまま」お助け下さいます。南無阿弥陀仏の六字のこころ、「我にまかせよ、必ず助けるぞ」を、私の手垢をつけず、私の計らいを交えず、聞こえたそのままお受けするのみです。

修行なんかできない、求道なんか真似事すらできない、罪悪の山積をどうすることもできない、迷いの世界を出離する縁有る事無い私を、別に私自身がそのことをどの程度知らされるとかは関係なく、阿弥陀仏が見て取られた私を「そのまま」往生成仏させて下さいます。本願を信じさせ、念仏を称えさせて下さいます。

今までどれだけ聞法してきたか、どれだけ財施をしてきたか、どれだけ苦労して求道してきたか、そんな事は一切関係ありません。そんなもの、南無阿弥陀仏の前に差し出しても無意味です。否、そんなものにすがっているから南無阿弥陀仏の六字のこころをそのまま頂けないのです。意地もプライドも、積み上げてきた経験も知識も、みな打ち捨てて南無阿弥陀仏におまかせあるのみです。そんなものが後生何の役に立ちますか? ただ念仏のみぞまことです。

親鸞会では「そのまま」助ける本願に、文字通り「そのまま」助けられることはありません。雑行を知るだけで30年40年かかり、真実信心は50年100年で獲られるものではないというのですから、それはそれは長い求道が必要です。そんな事をしている間に無常がやってきたらどうするのでしょうか? どうか親鸞会の邪義を離れ、「そのまま」助ける本願に、文字通り「そのまま」助けられて頂きたいものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード