宿善にしても三願転入にしても、求道のプロセス・方法論を教えたものではない

ちょっと古い内容なのですが、せっかくなので(;^ω^) 林遊さんのコメントを見て、なるほどと思ったので書きます。

「善の勧め」という高森顕徹の宿善論も、浄土真宗に於ける宿善とは、獲信の現在から過去をふり返る言葉を求道のプロセスとした誤謬なのでした。

以前本願寺と揉めた宿善論も、獲信の現在から過去を振り返って阿弥陀仏のお育てを喜ぶという本願寺の主張と、これから獲信しようという人が未来に向かって善を修めて求道のプロセス・方法論とする親鸞会の主張がぶつかったものでした。

・宿善とは、現在から過去をふり返っているのであって、これから獲信のために修することを宿善といっているのではない。(『本願寺 なぜ 答えぬ』)

・宿善は、将来の獲信のために積まねばならないという方向で語られるものではなく、遇法獲信の現在から過去にさかのぼって、宿善のお陰である、と、その縁由を喜ぶ方向で語られるものである。(『同』)


本願寺としてはこのように主張していますが、これで間違いないです。

これは三願転入にしても同じ事で、選択の願海に転入し難思議往生を遂げる身となった親鸞聖人が、現在から過去を振り返って遥か遠い昔からの阿弥陀仏のお育てを喜ばれたというものです。これから選択の願海に転入しようという人が、まず19願から始めて20願へと進み、そして18願の世界に入る、という求道のプロセス・方法論として書かれたものではありません。

その証拠が、数多くの聖人の書物の中で三願転入の御文と呼ばれるものは「化身土文類」の唯一ヶ所だということ、19願を勧められた根拠が皆無だということ、誡疑讃等にて20願を厳しく誡められているということです。もし三願転入を求道のプロセス・方法論として聖人が教えられたとするなら、そんな大事なことを『教行証文類』に唯一ヶ所しか記さないとは考えられません。次に、19願の実践が獲信に不可欠なプロセスだというなら、至る箇所で勧められていて当然です。ところが、唯の一ヶ所も19願や定散二善の実践を勧めた箇所が無いのです。そして、親鸞会理論で言えば20願の行者は一般人や聖道門・19願の行者より獲信に近い優れた人であるはずなのに、聖人は褒めたり、「あとちょっとだぞ」と励ましたりすることもなく、それどころか重ねて重ねて誡められています。


『教行証文類』始め沢山のお聖教には、阿弥陀仏が我々に本願を信じさせ、念仏を称えさせ、浄土に迎え取って仏に成らしめるということが書かれています。私達がどうやって本願を信じ、念仏を称え、浄土に往生して仏に成るかという方法論・ハウツーが書かれているのではありません。

平成29年親鸞会機関紙顕正新聞・年頭所感「大悲の願船に乗じ難度海を普く照らそう」(高森顕徹会長)を読んで思ったこと。

にあるように、難度海を度する大船で言うなら私達がどうやって乗るかという「乗り方」ではなく、「難度海を度する大船に阿弥陀仏がどうやって私を乗せるかの乗せ方」です。

このように親鸞会では語られる方向性が真逆ですから、会員はいつまで経っても仏願の生起・本末、南無阿弥陀仏の六字のこころが分からず、方法論に囚われて如来広大の恩徳を迷失しているのです。本願招喚の勅命の前には、獲信へのプロセス・方法論などありません。直ちに疑いなく聞き受け念仏する他ないのです。それは長いこと求道してゆかねば聞けないというのではなく、正覚大音響流十方ですから既に届いているのです。それを我々の方であれこれ計らって聞かないだけです。

本願に救われるに当たって、「私のターン」というものはなく、私がどうこうしなければならないということもありません。獲信へのプロセス・方法論はありません。縦と横の線で言う「横の道」も、高森顕徹会長のでっち上げであって、実際に存在する道ではないのです。只今、この場で、何も変わらない今のままの私が、既に回向せられている本願の名号を聞き受け念仏するのみです。早く利用・搾取される人生から脱して本願の行者となって頂きたいばかりです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

「果因の道理」

ども、林遊@なんまんだぶです。
本願力回向のご法義をプロセス(階梯)と見た高森顕徹氏の間違いから、幾多の終わりなき道を歩む求道者を生み出してきたのが高森親鸞会です。
昔の同行は、このような終わりなき求道を、「火鉢周りの求道」と揶揄してました。まるで丸い火鉢の周りをグルグルと永遠に回るような求道で、何も得ることはなく、最後には火鉢の火の中に落ちるのです。
このような会員を輩出した原因は、高森氏が力説する「因果の道理」という言葉が根源です。いわゆる、通仏教でいう善因楽果・悪因苦果の論理によって、因を修して果を得るという自力の法門に嵌り込んで、本願力回向という仏教を見失っているからでした。
阿弥陀仏は、因位のとき衆生往生の「因」とする為に五劫兆歳のあいだ修行を積み、これで一切が救われると「果」である名号を仕上げられました。「因」の願行によって「果」の名号を完成されたのでした。この果の名号を信受して仏果を得るのが浄土真宗の本願力回向のご法義です。
つまり、阿弥陀仏の成就された「果」が我々の成仏の「因」になるのです。高森親鸞会風にいえば「果因の道理」とでもいうのかな(笑
ともあれ600年ほど前に、覚如上人はこのような自力の因果の道理に迷うのではありませんよ、と、

いま報土得生の機にあたへまします仏智の一念は、すなはち仏因なり。かの仏因にひかれてうるところの定聚の位、滅度に至るといふは、すなはち仏果なり。この仏因仏果においては、他力より成ずれば、さらに凡夫のちからにてみだすべきにあらず、また撥無すべきにあらず。(p.939)

と『改邪鈔』十七条でお示しでした。これを100回読めば、高森顕徹氏の力説する「因果の道理」に呪縛されている者も目が覚めるかもです。
でも、教祖高森顕徹氏以外の言説を、どれだけ示しても「聞こえない聞こえない、見えない見えない」と耳目を塞ぐ人はどうしようもないですね。困ったものです。

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ
リンク『改邪鈔』十七条
http://labo.wikidharma.org/index.php/%E6%94%B9%E9%82%AA%E9%88%94#no17

Re: 林遊@なんまんだぶ様

ありがとうございます。私が付け足す言葉は無いという位、林遊様のこの文章で私が言いたいことは言い尽くされています。

聖教よりも高森本を重視する団体ですから、飛雲さんの仰るように真宗をやめて改宗した方がよいです。

かつての仲間達に、いい加減に目を覚ましてもらえないかなと一人悶々としています。南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード