本願に疑い晴れても、何もかもハッキリするわけではない

昨日の富山での法話は、先日

身も心も喜びに満ち溢れた「歓喜」ではなく、二心なき本願力回向の「信心」が清浄報土の真因

で紹介したものと同じく、アニメ映画『なぜ生きる』の蓮如上人の台詞

「大悲の願船に乗せられると同時に、私たちの苦しみの人生は、幸せな人生にガラリと変わります。」

に対する質問の返答だったそうです。既に

邪義を修正してもやはり邪義にしかならない

にもupされています。話の中で、前回と同様、明法房弁円の歌を出して話があったようですが、今回は「変わり果てたる心」について、

・苦しみの根源と教えられる、疑情、無明の闇、後生暗い心が願船に乗せて頂くと無くなる
・生きている平生、一念の瞬間に阿弥陀仏の極楽浄土に往って生まれることがハッキリ定まる


と話をしたそうです。親鸞会では、

疑情=無明の闇=後生暗い心往生一定=極楽に必ず往けるとハッキリする

などと教えますから、今回の回答も従来の教え通りですが、これは間違いです


まずは疑情からですが、これは「本願を疑う心」であって、「後生暗い心」「後生ハッキリしない心」ではありません。親鸞会では基本的な知識が間違っています。ですから、本願に疑い晴れても、後生がハッキリ分かるわけではないのです。それを言われているのが『執持鈔』

 「是非しらず邪正もわかぬ この身にて 小慈小悲もなけれども 名利に人師をこのむなり」(正像末和讃・一一六)。往生浄土のためにはただ信心をさきとす、そのほかをばかへりみざるなり。往生ほどの一大事、凡夫のはからふべきことにあらず、ひとすぢに如来にまかせたてまつるべし。すべて凡夫にかぎらず、補処の弥勒菩薩をはじめとして仏智の不思議をはからふべきにあらず、まして凡夫の浅智をや。かへすがへす如来の御ちかひにまかせたてまつるべきなり。これを他力に帰したる信心発得の行者といふなり。

さればわれとして浄土へまゐるべしとも、また地獄へゆくべしとも、定むべからず。故聖人[黒谷源空聖人の御ことばなり]の仰せに、「源空があらんところへゆかんとおもはるべし」と、たしかにうけたまはりしうへは、たとひ地獄なりとも故聖人のわたらせたまふところへまゐるべしとおもふなり。このたびもし善知識にあひたてまつらずは、われら凡夫かならず地獄におつべし。しかるにいま聖人(源空)の御化導にあづかりて、弥陀の本願をきき摂取不捨のことわりをむねにをさめ、生死のはなれがたきをはなれ、浄土の生れがたきを一定と期すること、さらにわたくしのちからにあらず。たとひ弥陀の仏智に帰して念仏するが地獄の業たるを、いつはりて往生浄土の業因ぞと聖人授けたまふにすかされまゐらせて、われ地獄におつといふとも、さらにくやしむおもひあるべからず。

そのゆゑは、明師にあひたてまつらでやみなましかば、決定悪道へゆくべかりつる身なるがゆゑにとなり。しかるに善知識にすかされたてまつりて悪道へゆかば、ひとりゆくべからず、師とともにおつべし。さればただ地獄なりといふとも、故聖人のわたらせたまふところへまゐらんとおもひかためたれば、善悪の生所、わたくしの定むるところにあらずといふなりと。これ自力をすてて他力に帰するすがたなり。


のお言葉です。これについて詳しくは

阿弥陀仏に救われた人は浄土往生が確信できるか?について考える(サイクロンさんのコメント)のまとめ
浄土へまゐるべしとも、また地獄へゆくべしとも、定むべからず

等を参照して下さい。韋提希のようにお釈迦様から浄土の様相を見せられたならともかく、我々はそうではないのですから、後生どのような処へ生まれるかは私達の側からは分からないのです。その分からないことをハッキリ分かると説く輩は親鸞聖人の教えとは異なりますから要注意です。あくまで他力の信心とは、

かへすがへす如来の御ちかひにまかせたてまつるべきなり。これを他力に帰したる信心発得の行者といふなり。

とあるように何もかも本願におまかせしたことを言うのであって、神秘的な体験でも、相当の智慧が身に具わることでもないことを知るべきでしょう。


親鸞会では「とにかくハッキリするからハッキリするまで求め抜け」と会員の尻を叩いて組織拡大を図っていますが、本願に疑い晴れるというのは何もかもハッキリすることとは違います。特に会員の皆さんが想像しているような、盲者開眼の一刹那よりも明らかな体験だというのは、親鸞会の邪義の聞き過ぎから生じる妄想です。

私達は善知識方の教えを承けて、法然聖人、親鸞聖人と同じ処へ生まれるのだなと領解するだけです。たとえそこが地獄であろうと孤独ではありません。一人ではなく、師と共に堕ちるのです。ただかたじけないことに、阿弥陀さまが「間違いなく浄土へ生まれさせるぞ」と力強く仰せになって、その願は既に成就していますから、私としてはこの力強い本願に身も心も委ねて往生を願うのみです。これが自力を捨てて他力に帰する、すべて阿弥陀仏におまかせするということです。

往生ほどの一大事、我々の力や智慧が及ぶ問題ではありません。そう思えばこそ、素直に阿弥陀仏の仰せに全托するしかないでしょう。まだ計らっている方も、どうか本願の仰せを聞き受けて、後生を阿弥陀さまにおまかせして頂きたいと思います。南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

淳心房さんの記事の中に、関連するブログのリンクを結構張ってくれるじゃないですか?
前から思ってたけど、そういうの探す能力(?)すごいっすね。
今回の山も山さんの記事は未読だったので、興味深く読ませて頂きました。
こちらの記事もリンク先の記事も「そうだよなぁ」と頷きながら拝見しましたが、挙げられている執持鈔のご文は親鸞会時代には聞いたこともなかったですね。
自分でお聖教を読んでいたら、もっと早く会に対して不審を抱いたかもしれません。

そういえばお聖教を開いて確認していて思い出したのですが、以前に「荷負群生」のページ数教えて頂きましたけど、あれ教えて下さったのってしゃあさんですかね?
お礼言ってなかったのでモヤモヤしてたんですが、なんとなく言うタイミングを逃してて(汗
今更かよって感じですが、その節はありがとうございました。

Re: R1000様

> 淳心房さんの記事の中に、関連するブログのリンクを結構張ってくれるじゃないですか?
> 前から思ってたけど、そういうの探す能力(?)すごいっすね。

いえいえw 前に読んだ記憶と、あとはGoogle先生です(*‘ω‘ *)
以前に同様の内容を詳しく紹介しているものがどこかしらにあるので、そちらをご覧頂く方が間違いないと思ってリンクを貼っています。当ブログは親鸞会教義の誤りに気づき、本当の親鸞聖人の教えを知るきっかけになりさえすればそれでよいと考えております。


> 自分でお聖教を読んでいたら、もっと早く会に対して不審を抱いたかもしれません。

そうかも知れません。しかし難解な古文ですし、読んでもちんぷんだったかも知れません。やはりネットも含めて周囲に正しく教えてくれる人がいなければ難しいんじゃないかと思います。


> そういえばお聖教を開いて確認していて思い出したのですが、以前に「荷負群生」のページ数教えて頂きましたけど、あれ教えて下さったのってしゃあさんですかね?
> お礼言ってなかったのでモヤモヤしてたんですが、なんとなく言うタイミングを逃してて(汗
> 今更かよって感じですが、その節はありがとうございました。

これは私です('∀') お言葉と経典名さえ分かってしまえば容易いことです(笑)
私も法話の内容を知ることが出来て良かったです。ありがとうございました。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード