「絶対の幸福」だとかいう幻想的な楽を獲たいというのは、「ご利益が欲しいという欲望から作った信心」に他ならない

昨日も富山では高森顕徹会長の話があったと教えて頂きました。

映画『なぜ生きる』の中の蓮如上人のお言葉
「『聞く一つで、大船に乗せる』ということは、阿弥陀仏の命を懸けたお約束だからです」
とはどんなことでしょうか?


という質問に答えるという内容だったそうです。既に

高森顕徹会長の解釈は、教え以前に国語の問題で躓いている

で扱われています。本願文の若不生者の「」について、今回も高森顕徹会長は従来の解釈を繰り返し、若不生者の「」は私達の心を「信楽」の心に生まれさせると説明したそうです。これについては

「若不生者」の「生」とお聖教中の「生」との結び付け方が無理矢理な高森顕徹会長

でも触れていますし、改めて言うまでもないことですが親鸞聖人のなされなかった解釈です。これで「親鸞聖人の教えを正確に、迅速に・・・」などと言っているのですからギャグ漫画以外の何だと問いたいです。


さて、話の中で『帖外御文』にあるという、

「信心という二字をば、まことの心と読めるなり、まことの心と読む上は、凡夫自力の迷心に非ず。全く仏心なり」

という文章を出して話があったそうです。ただ、この文章は調べても親鸞会関係のサイトでしかヒットしませんでした。

ただ、『御文章』1帖目15通には、

信心といへる二字をば、まことのこころとよめるなり。まことのこころといふは、行者のわろき自力のこころにてはたすからず、如来の他力のよきこころにてたすかるがゆゑに、まことのこころとは申すなり。

とあり、覚如上人の書かれた最要鈔には、

この信心をば、まことのこゝろとよむうえは、凡夫の迷心にあらず、またくの仏心なり。

という御文がありますので、蓮如上人がそのような文章を書かれていたとしても不思議ではありません。が、ちょっとモヤモヤしますので、もしご存じの方は前後の文章を含めて教えて頂きたく思います。


1帖目15通のお言葉は様々な所で解説されていますが、今は下の文章を紹介します。

 世間の人びとは、ご利益を求めて祈願祈祷することが信心だと思い、水垢離やお百度参り、跣参りに熱心です。自力の信心です。
 これに対して真宗の信心は、他力の信心、詳しく言えば「他力回向の信心」、阿弥陀さまから頂いた信心ですから、「ご利益が欲しいという欲望から作った信心」ではなくて、仏の真実心(まことのこころ)が衆生の心に届けられてできた信心です。
 そこを解説されたのが、この『御文章』です。
「信心という二文字は、信(まこと)の心と読めます。信の心というのは、衆生の悪い自力の心では助からず、如来の他力の良き心によって助かるので、信の心というのです。」と。
 自力の信心と他力の信心の違いを鮮明にし、信心の実体を明示されました。

御聖教の御文(43) まことのこころより)

真宗の信心は、穢れた凡夫の心で起こす信心ではなく、如来より回向せられる信心です。この信心が正因となって本願の実報土に往生させて頂くわけです。本願文で言えば、「我々に信楽を獲させ、その信楽を因として我国(浄土)にまれさせる」ということです。これが、「我々に信楽を獲させ、その信楽を因として信楽(信心)にまれさせる」では意味が判らないでしょう。飛雲さんの仰るように国語の問題でつまづいているのが高森顕徹会長です。

また高森顕徹会長は現世利益を強調したいがために、創価学会の言葉をもじって「絶対の幸福」になるだとか言っています。それを聞いて会員の皆さんはどうお思いでしょうか? 浄土往生も有難いが、それよりも今の、現実のこの苦しみを救うてもらいたい。今、絶対に崩れない壊れない、たとえ死が来ても崩れない絶対の幸福になりたいという気持ちが強くはないでしょうか? 否、むしろそれしかないのではないでしょうか? それはまさに上で紹介した文章中の、「ご利益が欲しいという欲望から作った信心」です。その信心でもって、正しい真宗の教えを説かず、私利私欲を満たすために法を説いている者から話を聞いていても、本願の信楽が獲られるわけがありません。

「絶対の幸福」だとかいう幻想的な楽を獲たいというのは、「ご利益が欲しいという欲望から作った信心」に他ならないことを知って、会員の皆さんはそんな目先の幻想的な楽を追い求めるのではなく、阿弥陀仏の崇高な願いを聞いて頂きたいものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

信心といへる二字をば

本願寺派の出版している『浄土真宗聖典全書』五を斜め読みしたところ、『御文章』1帖目15通に示されると同意の語があるだけで、件の文はありませんでした。

 信心といへる二字をば、まことのこゝろとよめるなり。まことのこころといふは、行者のわろき自力のこゝろにてはたすからず、如来の他力のよきこころにてたすかるがゆゑに、まことのこころとはまふすなり。p.270

 信心といへる二字をば、まことのこゝろとよめるなり。まことのこころといふは、行者のわろき自力のこゝろにてはたすからず、如来の他力のよきこころにてたすかるがゆゑに、まことのこころとはまうすなり。p.272

『御文章』の文は、手元に置いておかれて門徒の要求によって発布されたものですから文言に少しく違いはありますが、趣旨は同じです。

親鸞会の方は、ご文の出拠を尋ねると、すぐにお前が探せというのですが、これで何回頭に来たことやら(笑

ともあれ、蓮如さんが、「信心といへる二字をば、まことのこゝろとよめるなり」と仰った根拠は、『教行証文類』の三心字訓釈p.230の、

信楽といふは、信とはすなはちこれ真なり、実なり、誠なり、……

にある「誠なり」、からでした。
親鸞会の人は、高森氏の影響からか、蓮如さんに固執するきらいがあるのですが、蓮如さんの言葉を御開山にまで返して領解することが、文字も読める現代人の学びかたかも知れませんね。

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ





Re: 林遊@なんまんだぶ様

> 本願寺派の出版している『浄土真宗聖典全書』五を斜め読みしたところ、『御文章』1帖目15通に示されると同意の語があるだけで、件の文はありませんでした。

わざわざお手間を煩わせすみません。ありがとうございます<(_ _)>
親鸞会では示した根拠が実は存在しなかったり、偽書だったり、とにかくいい加減なので、真宗聖典やWikiArcなどに明記されていない文に関しては存在を疑ってかかっています。今回は、他の御文章や聖教に同様のことが記されているのでまだ良い方ですが、とにかく親鸞会の示す文は今のところ出拠不明という扱いと致します。


>親鸞会の人は、高森氏の影響からか、蓮如さんに固執するきらいがあるのですが

親鸞会に都合の良い文章が蓮師の上にあったというだけでしょう。必堕無間に関すること(2帖目2通)とか、宿善に関すること(3帖目12通他)とか、善知識の仰せなりとも・・・(御一代記聞書)とか。私利私欲さえ満たせれば他はどうでもよいのだと思います。離れてから、見れば見るほどひどい団体だと憤りと失望を禁じ得ません。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード