「他力廻向」といっても、それまでのプロセスが思いっきり自力ではね・・・

昨日の高森顕徹会長の話は、

「絶対の幸福」だとかいう幻想的な楽を獲たいというのは、「ご利益が欲しいという欲望から作った信心」に他ならない

で紹介した話の一部繰り返しと、その続きという内容だったようです。


相変わらず「若不生者」の「」について自説を展開した後、

自力の迷信しか持たない自分が「信楽」の身になるには、阿弥陀仏から仏心を頂くしかない

として、今回は『正像末和讃』

如来の作願をたづぬれば
 苦悩の有情をすてずして
 回向を首としたまひて
 大悲心をば成就せり


の和讃を出して「他力廻向」の話をしたそうです。

「信楽の身になる」という表現が引っ掛かりますが、とにかく私達が浄土に生まれるには、信楽を獲得しなければなりません。それは自分で起こすものでも、自分から取りに行けるものでもありません。阿弥陀仏から一方的に与えられるものです。「阿弥陀仏から仏心を頂くしかない」というのはその通りです。ただそれは、時々法友通信等で取り上げられ、会員の大多数が思っている、

・一念の決勝点まで光に向かって進ませて頂きます

というような、私が未来の救いに向かってある程度自力で求めてゆくものではありません。これでは、阿弥陀仏の救いは「名号を成就したから、助かりたければ私の元まで取りに来なさい。そうすれば授けてやるぞ」というようなものです。これは間違いです。

只今、ここにいる、この私一人目がけて喚び続けられている本願招喚の勅命、すなわち「我汝を助けるぞ」の仰せを、今私がこの場で計らい無く聞き受けるだけです。私を往生成仏させるはたらき、南無阿弥陀仏は既に成就して、いつでもどこでも私にはたらきかけていますから、善知識から教えを聞いてそれが分かったなら、もはや凡夫の小賢しい詮索は要りません。計らいは廃り、素直に本願力に身を任せたのです。如来のお助けに、助けられたのです。これが「信心を頂く」「仏心と凡心と一つになる」ということです。

これが本願力回向、他力廻向ということですが、親鸞会ではこうした浄土真宗の教えを「無力」として否定しています。じゃあどうなったのが「他力」かと言えば、大雑把に言いますとまずは「自力」で求めていって、「もうダメだ」「自力間に合わなかった」と精根尽き果てた時に「タダで救うぞ」と摂取される、これが「他力」だと教えています。おそらく会員の皆さんはこのように考えているからこそ、うんざりするほどの募財や活動にも参加し、上司への無条件服従にも我慢しているのでしょう。これが、このような活動とは無関係に阿弥陀さまから回向せられるのだとしたら、あれほど熱心に活動したりしないと思います。

「他力廻向」といっても、それまでのプロセスが思いっきり自力ではね・・・残念ながら信楽を獲得することも浄土往生もおぼつきません。会員の皆さんには、我らの往生の因も果も、全て阿弥陀さまから賜り、自力の混じる隙は一部もないことを知って、直ちに本願招喚の勅命に順って頂きたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

月別アーカイブ件数を見ると、昨年10月をピークに減ってきてますね。やはり自力信心では勢いは続かないのですね。いくら口先でもっともらしいことをいっても、現実をみれば自力信心であることは明白ですね。他力に救われた恩徳讃の心がないから当然でしょう。
本当に恩徳讃の気持ちがあるなら、親鸞会の批判なんかで無駄な労力を使うより、仏とも法とも知らない衆生に仏教を伝えることに命をかけるでしょう。恩徳讃の気持ちがないことは明らかで、自力信心だから親鸞会批判の名誉欲という原動力しかなく、だから続かないのです。
勢いがなくなったり、休むことは、どんなに言い訳しても自力信心である証拠。
飛雲なんかも、F館の設計図を外部にもらしたために特専部を除名になった恨みが原動力だから 、仏とも法とも知らない純粋な人に教えを伝えることは全然してませんよね。
この事実にいくら反論や言い訳をならべても、事実を変えることはできないですから、自力信心であることが証明されます。


No title

自力の信心は、三業で判定できると親鸞会では教えているのですね。
その程度のお子ちゃま信心だから、いつまでたっても求道遊びしかできないのですよ。

コメント返信

名無し様
ONE様

>勢いがなくなったり、休むことは、どんなに言い訳しても自力信心である証拠。

なら高森顕徹会長もよく、法話をきゅうきょ中止してビデオ法話なんてことがありましたが、それもどんなに言い訳しても自力信心である証拠なのですね。そのように高森会長を非難することって、親鸞会内では謗法罪にあたるのでは?

ONEさんも仰るように、三業で信心を計ろうなど笑止千万ですよ。

No title

飛雲さんは、仏とも法とも知らない人に親鸞聖人の教えを話されてますよ。

何にも知らないのに、デマを流すのは、高森会の特徴です(笑)

念仏成仏これ真宗

HN無し投稿者さんゑ

たぶん、高森親鸞会会員特有の、ヒットアンドアウェイ(一発書き逃げ)の投稿だろうけど、自力と他力の解釈が間違ってるぞ。

高森顕徹氏も、全分他力を無力と誤解したのだが、本願力回向の回向の解釈が間違っているから、三願転入の泥沼から出られないのでした。
もちろん、教学上では「当相自力、体他力」として、本願力回向の御信心に出遇えた上から、自力は阿弥陀仏のお育ての御方便であったといえます。しかし、第十八願が阿弥陀仏のご本意の願であると、御開山が力を尽くして顕して下さった上からは、なんで第十九願や第二十願に迷う必要があるのでしょうや。
浄土真宗の所依の経典である『無量寿経』を全文読破しろとはいいませんが、せめて第十八願の、

 たとひわれ仏を得たらんに、十方の衆生、至心信楽して、わが国に生ぜんと欲ひて、乃至十念せん。もし生ぜずは、正覚を取らじ。ただ五逆と誹謗正法とをば除く(設我得仏 十方衆生 至心信楽 欲生我国 乃至十念 若不生者 不取正覚 唯除五逆誹謗正法)

の文を、高森顕徹氏の指示ではなく、ご自分で領解するようにしてみましょうよ。生因の三願ともに「欲生我国(我が国に生まれんとおもえ)」の語がありますが、御開山は第十八願の「念仏往生の願」を報土への正因とされたのでした。念仏成仏是真宗であり、『大経和讃』p.569の結論で、

(71)
念仏成仏これ真宗
 万行諸善これ仮門
 権実真仮をわかずして
 自然の浄土をえぞしらぬ

(72)
聖道権仮の方便に
 衆生ひさしくとどまりて
 諸有に流転の身とぞなる
 悲願の一乗帰命せよ

と、高森親鸞会の奨める「聖道権仮の方便」の善では無く、なんまんだぶをとなえる「念仏成仏これ真宗」とされたのでした。
御開山は、『西方指南抄』の「浄土宗大意」で、法然聖人の仰せを、

 聖道門の修行は、智慧をきわめて生死をはなれ、浄土門の修行は、愚痴にかへりて極楽にむまる

と、お示しでしたが、これを高森顕徹氏は非難して「たゞ念仏さえ称えておれば死んだらお助けだと教えていますから、親鸞聖人の真仮廃立の教えからは、やはり捨て切らねばならぬ邪宗教ということになります」(「こんなことが知りたい」)というのでした。
行と信の関連を知らなかったのでしょうが、なんまんだぶの浄土真宗の門徒の目からすればあほです。

 本願の名号は正定の業なり。至心信楽の願(第十八願)を因とす。

という御開山のお示しが高森顕徹氏には理解できなかったのでした。

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ
http://labo.wikidharma.org/index.php/%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%AF:%E8%87%AA%E5%8A%9B

No title

>自力の信心は、三業で判定できると親鸞会では教えているのですね。
>その程度のお子ちゃま信心だから、いつまでたっても求道遊びしかできないのですよ。

こんなことを言うのは仰天のツバ。
あなたたちこそ、親鸞会の三業をみて信心を判定しているのに、そのことが分からない愚か者。
高森先生は御病気で休まれても活動は続けておられますよ。
誰かみたいに仕事が忙しいなんていう理由で休むようなことはありませんよ。
 私はヒットアンドアウェイではありませんよ。
あなたたちのおかしなおかしな教義をいつも反面教師にしているものです。

No title

高森会長の信心を三業で判定してませんよ。
信心を判定するのは、二種深信が立ったかどうかでしたよね。

その二種深信が、立っていないから、高森会長の信心は違うと言っているだけ。

地獄行き間違いなしと極楽参り間違いなしが一念同時に立つとか、微塵の善もできなかったと知らされるとか、完全に高森教の信心。
真宗の信心とは異なる訳ですよ。

そんなことも分からず、淳心房さん、飛雲さんを三業を基準としてのみ自力信心扱いする愚か者が、あなたですわ。

悔しかったら、飛雲さんとの法論に応じたらどうよ。淳心房さんの批判に、お聖教の御文で反論したらどうよ。
真実開顕のために、喜んで法論に応じると公約していた高森会長は、退会者から逃げ回っていて、真実開顕する気など更々ないのですよ。

mixiで、あれだけ完膚無きまで叩きのめされて、飛雲さんに怯えているのが、高森会長。

それを知りながら、高森会長を庇って、淳心房さん、飛雲さんの人格批判しかできないあなたは、自分でも高森会長が間違いと分かっているのでしょうね。

そんなことはない、高森先生が絶対に正しいと思うなら、林遊さん、淳心房さん、飛雲さんのいわれる高森会長に対する教義批判、信心批判に反論してみたら如何です。

あなたが口先だけなのは、よく分かってますがね。

コメント返信

ヤオ様
林遊@なんまんだぶ様
ONE様

コメントありがとうございます。
真仮を分別して選択すべき教え、選捨すべき教えを明確化して下さった親鸞聖人の名を語り、選捨すべき教えを真実へ転入する方法論として利用し人々を騙している高森顕徹会長をこれからも批判し続けます。


名無し様

コメントありがとうございます。コメントが増えれば閲覧される方も増えるらしいので喜ばしいことです。

おかしな教義と仰いますが、どこがどのようにおかしくて、正しい教義はどうなのか、聖教に基づいて示して頂けますか? 最初に釘を刺しておきますが、高森本や親鸞会理論を根拠に色々言うのは止めて下さいね。

それと高森会長についてですが、飛雲さんとの公開法論に応じないなど、真実開顕する気は無いのでしょう。それはつまり、活動する気は無いと言っているのと同じですよ。もう5年も経つのに、内輪で会員流出を防ぐ対策しかしてないと言っても過言ではないでしょう。親鸞会が真に正しい教えを説いているなら、堂々と公開法論に応じられるはずです。どうか貴方からも、高森会長に法論に応じるよう進言して下さい。こんなコメント欄で小競り合いをしていても埒があきません。法論実現で全て解決します。

No title

親鸞会の中でもうだつが上がらず、ここで憂さ晴らしですか?

昔、教学テキストに、「信後絶対に出ない心100」がありましたが、教学聖典にはないですよね。無くなった理由が、信後に出る心があるから。

これが、高森会長の信心ですよ。

絶対に出ない心と言い切りながら、やっぱり出るとか、どんな信心だね。

うだつを上げるために、あなたが飛雲さんと法論して勝ったらいいのではないですか?

40年も親鸞会にいて、信後に出る心と出ない心と区別が付かない高森会長の信心が正しいと思っているなら、お目出度い頭ですね。

No title

OHE 様

>信心を判定するのは、二種深信が立ったかどうかでしたよね。

>その二種深信が、立っていないから、高森会長の信心は違うと言っているだけ。

その二種深信が、立っていないと、どうして判断しているのですか?
三業以外に判断しているのですか?
三業以外にあるなら示しなさい。

淳心房様

確かに親鸞会の書き込みがあるとこのブログは繁栄しますね。
ということは親鸞会が相手にしないとさびれるのでしょうね。

>こんなコメント欄で小競り合いをしていても埒があきません。法論実現で全て解決します。

そうです。法論ができるだけの力をつけてください。
親鸞会批判する人はいろいろいますが、あなただけはめずらしく真面目ですね。他の書き込みしている人が人間的にひどすぎるだけですが・・・。



>その二種深信が、立っていないと、どうして判断しているのですか?
>三業以外に判断しているのですか?
>三業以外にあるなら示しなさい。

そうくると思ってました。
これこそ、天に唾というのですよ。

あなたの考えでは、
真実の信心かどうかを二種深信で判断するとした高森会長も間違いだと否定することになりますね。

違いますか?

信心と三業との関係さえ理解できていないような幼稚園信仰の告白ですね。

この簡単な理屈も分からずに反論したつもりの頭の程度だから、退会者には法論で絶対に勝てないし、教義で反論はできないのですわ。

人格攻撃するのが関の山。

No title

やっぱり教義の反論はできないのね。
さらに三業と信心の関係も知らずに恥を晒してますな。

高森会長は

外に賢善精進の相を現ずることを得ざれ、内に虚仮を懐けばなり

の外は身業と口業、内は意業と説明してますが、間違いです。
名無しさんもそれを信じているようですが、善導大師も親鸞聖人もそんなことを仰っていません。
外は三業、内は信心(自力も他力も)

信心を告白したことを、三業の一つだなんて、親鸞聖人が仰ってますか?
根拠があるなら示しなさい。

無理でしょう。

なら指を咥えて黙っていたら如何ですか。

No title

ヤオさんがヒントを与えてくださったけど、高森会の人にはその根拠を知らないでしょうから、私から示しておきます。

一切衆生の身口意業の所修の解行、かならず真実心のうちになしたまへるを須ゐんことを明かさんと欲ふ。外に賢善精進の相を現ずることを得ざれ、内に虚仮を懐いて、貪瞋邪偽、奸詐百端にして悪性侵めがたし、事、蛇蝎に同じ。三業を起すといへども、名づけて雑毒の善とす、また虚仮の行と名づく、真実の業と名づけざるなり。(信巻)

身口意業の所修の解行=三業=外

内はここでは真実心と書かれていますが、自力の信心も含まれてますよね。

つまり、三業と信心とは分けることができる。
信心の表明が

>その二種深信が、立っていないと、どうして判断しているのですか?
>三業以外に判断しているのですか?

と思っていること自体、無知無安心の証拠。

少しはお聖教を読んだ方が良いですよ。読む能力もないでしょうけどね。

No title

>あなたの考えでは、
真実の信心かどうかを二種深信で判断するとした高森会長も間違いだと否定することになりますね。

そんなこと言ってまでせんよ。日本語をよく理解するべきです。

高森先生の信心が間違っているということをあなたは何によって判断したのかを聞いているのです。
ニホンゴワカリマスカ

No title

>|高森先生の信心が間違っているということをあなたは何によって判断したのかを聞いているのです。

私は25日のコメントでこう書きました。

******************************************
高森会長の信心を三業で判定してませんよ。
信心を判定するのは、二種深信が立ったかどうかでしたよね。

その二種深信が、立っていないから、高森会長の信心は違うと言っているだけ。

地獄行き間違いなしと極楽参り間違いなしが一念同時に立つとか、微塵の善もできなかったと知らされるとか、完全に高森教の信心。
真宗の信心とは異なる訳ですよ。
*******************************************

ニホンゴワカリマスカ

No title

29日の名無しさんのコメント

自分の言ったことも忘れたのですか?

******************************************
OHE 様

>信心を判定するのは、二種深信が立ったかどうかでしたよね。

>その二種深信が、立っていないから、高森会長の信心は違うと言っているだけ。

その二種深信が、立っていないと、どうして判断しているのですか?
三業以外に判断しているのですか?
三業以外にあるなら示しなさい。
********************************************

No title

誤魔化しに必死な名無しさんのためにまとめておきます。

1.信心は三業では判定できない
 (しかし、名無しさんは三業で淳心房さんや飛雲さんの信心を判定した)

2.信心を判定するのは二種深信が立ったかどうか
 (しかし、名無しさんは二種深信が立ったかどうかは、三業以外に判断できないと言っている)

以上が名無しさんとのやりとりのまとめ。

ところで三大諍論で信心を判定しているのは三業ですか三業でないのですか?

No title

『なぜ生きる』の機の深信の説明

無明の闇が晴れると、自己の姿がハッキリ見える。これを「機の深信」といわれる。(14章)
聖人が自己のすべてを「雑毒虚仮」(他人ダマシのうそっぱち)と嘆かれたのは、無明の闇が晴れて知らされた、真実の自己の姿である。(17章)
 どうしようもないこの、極悪最下の自己を見きわめさせられた聖人には、
「いずれの行も及び難き身なれば、とても地獄は一定すみかぞかし」(『歎異鈔』)
 ドン底の絶望しかなかったのだ。(18章)
「本来、人間には邪悪の心しかなく、まことの心もなければ、清らかな心も、まったくない」
 地獄一定の門を通らねば、決して知らされることのない、私達の実相であろ
う。(18章)
 自身は、現に、これ罪悪生死の凡夫、曠劫よりこのかた、つねに没し、つねに流転して、出離の縁あることなし、と深信す     (機の深信)
「現在、私は極悪最下の者、果てしない過去から苦しみつづけ、未来永遠、救われることのないことがハッキリした」(19章)

これは、善導大師、親鸞聖人の仰っている機の深信ではないから、高森会長は二種深信が立っていない、つまり真実の信心ではないと判定できる。

ニホンゴワカリマスカ(笑)
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード