法論ができるだけの力をつけてください?? それって、親鸞会のことですよ

「他力廻向」といっても、それまでのプロセスが思いっきり自力ではね・・・

のコメント欄で、親鸞会の会員と思しき名無しさんと、私を含め数名の方とのやり取りが続いています。元々は名無しさんの以下のコメントから始まりました。

********************
月別アーカイブ件数を見ると、昨年10月をピークに減ってきてますね。やはり自力信心では勢いは続かないのですね。いくら口先でもっともらしいことをいっても、現実をみれば自力信心であることは明白ですね。他力に救われた恩徳讃の心がないから当然でしょう。
本当に恩徳讃の気持ちがあるなら、親鸞会の批判なんかで無駄な労力を使うより、仏とも法とも知らない衆生に仏教を伝えることに命をかけるでしょう。恩徳讃の気持ちがないことは明らかで、自力信心だから親鸞会批判の名誉欲という原動力しかなく、だから続かないのです。
勢いがなくなったり、休むことは、どんなに言い訳しても自力信心である証拠。
飛雲なんかも、F館の設計図を外部にもらしたために特専部を除名になった恨みが原動力だから 、仏とも法とも知らない純粋な人に教えを伝えることは全然してませんよね。
この事実にいくら反論や言い訳をならべても、事実を変えることはできないですから、自力信心であることが証明されます。

********************

コメントを見る限り、当ブログの閲覧者数や、ブログを休むこと等をもって私淳心房の信心を自力信心と決めつけています。そんなことで自力信心かどうか証明されるというなら、三業で信心を判断できるということです。これは、コメント欄でONEさんがご指摘のように、真実の信心かどうかを二種深信で判断するとした高森会長も間違いだと否定することになりますね。


それと、名無しさんは私に対して以下のコメントを返しています。

********************
>こんなコメント欄で小競り合いをしていても埒があきません。法論実現で全て解決します。

そうです。法論ができるだけの力をつけてください。

********************

おかしなことを言いますね。法論ができるだけの力をつけてください?? それって、親鸞会のことですよ。

法論云々とは、2012年3月18日に『飛雲』より高森顕徹会長へ

書面で法論を申し込んだら、”検討する”だそうです

という法論の申し込みがあり、高森顕徹会長が一向に飛雲さんとの公開法論に応じないことに対して私がコメントしたものです。全くもって名無しさんの言っていることが意味不明なのは私だけでしょうか?


それと私が指摘している、

********************
おかしな教義と仰いますが、どこがどのようにおかしくて、正しい教義はどうなのか、聖教に基づいて示して頂けますか?
********************

ということに関しては、この記事を書いている現在で一切コメントがありません。対して『飛雲』では、十数項目に亘って親鸞聖人の仰せと高森顕徹会長の主張との相違点を、聖教に基づいて示しています。


組織からのネット対策なのか個人的なコメントなのかは知りませんが、コメントを挙げ連ねたところで親鸞会側が法論に応じる気がない事実と、自分が言っていることと親鸞会教義との矛盾をさらけ出すだけです。

当ブログからは、まず実現はしないでしょうが、高森顕徹会長が飛雲さんとの公開法論に応じて、どちらが正しい親鸞聖人の教えかをハッキリ決着をつけることを求めます。

親鸞会の歴史は法戦の歴史であり、法戦の歴史はそのまま真実開顕の歴史
(親鸞会発行『法戦①』はしがき より)

とか何とか言っていた頃が懐かしいですね。もうその歴史に終止符が打たれていますが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんなことを読んだのでお知らせ

http://ikiruimiwositte.blog83.fc2.com/blog-entry-323.html
「法論というのは
「法論」というのは、仏教徒の意見が対立した場合に

「どちらが正しい仏意か」ということを、お経を根拠にして

論議することです。

「外道も好き」という人たちは仏教徒ではありませんから

「法論」なんてはじめから成り立たないわけです。|
だそうです。

Re: 読者様

なるほど。外道の親鸞会は仏教徒ではありませんから、法論しようにもはじめから成り立たないわけですね。よく分かりました。情報ありがとうございました。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード