『「仏願の生起・本末」の本は18願、末は19願・20願』だとかいう珍説が出てくる自体、『大無量寿経』も『教行証文類』もまともに読んだことが無い何よりの証拠

コメントを読みまして、未だ真宗をろくに学んだこともない高森顕徹会長を絶対視し、「誰が何と言おうと高森先生に間違いない」とマインドコントロールされている会員さんがいるのだな、そしてその方に何とか邪義を邪義と分かってもらいたいと動いている人がいるのだなと改めて知らされました。それで私なりに、経典や聖教と、邪義の違いを明確化せんと書いたものを以下に紹介します。


しかるに『経』(大経・下)に「聞」といふは、衆生、仏願の生起本末を聞きて疑心あることなし、これを聞といふなり。

ところで『無量寿経』に「聞」と説かれているのは、わたしたち衆生が、仏願の生起本末を聞いて、疑いの心がないのを聞というのである。

『信文類』のこのお言葉は、『大無量寿経』下巻

聞其名号 信心歓喜 乃至一念

のお言葉、すなわち本願成就文、18願成就文を親鸞聖人が釈されたものです。18願成就文の解釈をなされているのに、その中に19願や20願が出てくるというのはおかしなことです。ちなみに、19願成就文は『無量寿経』の三輩の往生を説く文であり、また『観無量寿経』の定善・散善、九品の往生を説く文であるとして

この願(第十九願)成就の文は、すなはち三輩の文これなり、『観経』の定散九品の文これなり。(化身土文類)

と教えられています。『大無量寿経』では18願成就文の後に三輩の文が続きます。何が言いたいかというと、親鸞聖人は19願は19願で18願とは別に解釈されている、しかも『信巻』とは別の『化土巻』に教えられているということです。

さて、「聞其名号」の「其(その)」とは18願成就文の直前にあるお言葉、17願成就文を承けて「其名号」と説かれています。『大無量寿経』では17願に誓われた通りの、諸仏が褒め讃える名号が成就し、それからあらゆる衆生がその名号(17願成就の名号)を聞いて信心歓喜すると続いています。当然ながら「其名号」と17願は関係がありますが、19願や20願は関係ありません。

では、「その名号を聞いて」とあるがここでの「聞く」とはどういうことなのか。それは「仏願の生起・本末」を聞いて疑いの心が無いことだと先の御文では仰せられています。このことから、

其名号」=「仏願の生起・本末

であることが分かります。ですから、「仏願の生起・本末」の内容に19願や20願は出てきようがないのです。この理由については後でも説明します。

ところで、「仏願の生起・本末」とは、阿弥陀仏が本願を起こされた顛末、一部始終ということです。どうして本願が起こされたのか、そのわけと、本願が起こされてどうなったのか。その全てということです。これについて親鸞聖人は機無・円成・回施で教えられています。『信文類』至心釈では、

一切の群生海、無始よりこのかた乃至今日今時に至るまで、穢悪汚染にして清浄の心なし、虚仮諂偽にして真実の心なし。ここをもつて如来、一切苦悩の衆生海を悲憫して、不可思議兆載永劫において、菩薩の行を行じたまひしとき、三業の所修、一念一刹那も清浄ならざることなし、真心ならざることなし。如来、清浄の真心をもつて、円融無碍不可思議不可称不可説の至徳を成就したまへり。如来の至心をもつて、諸有の一切煩悩悪業邪智の群生海に回施したまへり。

とあります。迷いを離れられない衆生(機無)のために発願修行して名号を成就され(円成)、名号を回向して我々を救おうとなされている(回施)ということです。そして、阿弥陀仏が誓われ成就された名号が我々に届いて、間違いなく我々をお救い下さるということに疑いが無いのを「」というのです。

この「」は、疑いの心が無いことを指しています。ということは、疑いの心が有る聞き方があるということです。それが第二十願を聞いている時の聞き方です。第二十願

聞我名号 係念我国 植諸徳本 至心回向 欲生我国

の「聞」は如来の諸智を疑惑して信じていません。それでいて罪福を信じ、念仏を自分の善根として称えて浄土に生まれたいと願っている状態です。これを『大無量寿経』智慧段には

仏、慈氏に告げたまはく、「もし衆生ありて、疑惑の心をもつてもろもろの功徳を修してかの国に生れんと願はん。仏智・不思議智・不可称智・大乗広智・無等無倫最上勝智を了らずして、この諸智において疑惑して信ぜず。しかるになほ罪福を信じ善本を修習して、その国に生れんと願ふ。このもろもろの衆生、かの宮殿に生れて寿五百歳、つねに仏を見たてまつらず、経法を聞かず、菩薩・声聞の聖衆を見たてまつらず。このゆゑに、かの国土においてこれを胎生といふ。

釈尊が弥勒菩薩に仰せになる。「さまざまな功徳を積んでその国に生れたいと願いながら疑いの心を持っているものがいて、無量寿仏の五種の智慧を知らず、この智慧を疑って信じない。それでいて悪の報いを恐れ、善の果報を望んで善い行いをし、功徳を積んでその国に生れたいと願うのであれば、これらのものはその国に生れても宮殿の中にとどまり、五百年の間まったく仏を見たてまつることができず、教えを聞くことができず、菩薩や声聞たちを見ることもできない。そのため、無量寿仏の国土ではこれをたとえて胎生というのである。」

と説かれています。こうした疑いの心が有る第二十願の「聞」は、疑いの心が無い本願成就文の「」とは区別されています。すなわち、20願が「仏願の生起・本末」に入っているならば「疑心あることなし」とはならないわけです。本願を疑っているのは19願を聞いている時も同じですから、「仏願の生起・本末」の内容の中に19願や20願は入りようがないのです。

「仏願の生起・本末」の本は18願、末は19願・20願

だとかいう珍説が出てくる自体、『大無量寿経』も『教行証文類』もまともに読んだことが無い何よりの証拠なのです。ですから、こんな珍説を本にまで堂々と書く高森顕徹会長を唯一無二の善知識と思い込み、高森会長の言葉しか信じずに他を排斥する会員はマインドコントロールされていると言っているのです。


以上、参考になるかどうかは分かりませんが書いてみました。勿論言い方等もありますが、未だ騙されマインドコントロールされている会員の皆さんの心に届いてほしいと願っています。



【追記】
機無・円成・回施について林遊@なんまんだぶさんが、『WikiArc』機無・円成・回施・成一にて解説して下さっています。ぜひそちらも参照して下さい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード