新入生の皆さん、親鸞会サークルに入ると大変なことに!

例年、入学式や手続きの日の前後を中心に4月の間に、親鸞会が大学のキャンパス内やその周辺で勧誘を行っています。「親鸞会です」といって勧誘していないので注意が必要です。
関東では、早稲田大学で4月1日前後に、親鸞会が大規模に勧誘を行っています。早稲田大学の新入生は特に注意して下さい。

また、メルマガ登録を勧めるサークルに注意して下さい。mixiやツイッターで勧誘してくることも増えています。とにかくいろいろなきっかけで勧誘をしてきます。

しかし、どんな形で勧誘されたにせよ、先輩やOB(実はほとんどの人が親鸞会会員)、仏教の講師(実は浄土真宗親鸞会の講師部員)から聞くことになります。その話の内容や出てくるフレーズを以下にまとめたので、リンク先の記事を読んで、自分は親鸞会サークルに入ってしまったのかどうか判断して下さい。


今回の記事では、親鸞会の問題点を簡潔に述べ、注意を喚起したいと思います。


◎親鸞会は、「浄土真宗親鸞会」という富山県射水市に本拠地を置く宗教団体で、会長は高森顕徹氏です。

★最大の問題は、「浄土真宗」・「親鸞」と名乗っているのにも関わらず、浄土真宗・親鸞聖人の教えを伝える団体ではなく、浄土真宗の教えを高森氏が都合よく利用している点だと思います。

それに起因して、学生でいうと、以下のような問題が生じます。

・会員になると、毎月の会費、親鸞会への献金(お布施という)、活動費用(交通費、宿泊費、食費、合宿費…)などに、一般的に年間100万円くらいを費やすことになります。

・行事や活動参加で忙しく、学業がおろそかになりがちです。中には、大学を留年したり、中退する人も出てきます。

・それに加えて、様々なお布施、活動費捻出が大変で、バイトを多くこなさなければなりません。
 どんなに節約してもギリギリの生活になります。

・最近では、テレビ座談会というものができたので地元での行事も増えましたが、昨年の途中までは月3回富山県射水市の親鸞会館に高森会長の話を聞きにいっていました。これからも月1、2回は富山に行くことになると思われます。

・「世間では」というフレーズを多用し、親鸞会教義(会員は正しい親鸞聖人の教えと思い込んでいますが、単なるカルト教義)を知らずに生きている人を、見下すような人もでてきます。

・画一的な考えに染まり、他の意見を取り入れることができなくなります。

・次第に、親鸞会の内輪だけの交友が中心になっていきます。

・地元での大きな行事、降誕会・報恩講などの親鸞会での大きな行事の際には、家族や友人を誘うように推進されます。そして誘う人をリストアップして当たるようにいわれます。

・先輩になり幹部になると、「大きな行事の参加人数の目標」、「顕正人数(親鸞会入会者数)の目標」や「献金の目標」の達成に追われるようになります。頑張りすぎて、精神不安定になったり、欝病になってしまう人も出てきます。

・親鸞会の講師や職員、親鸞会関連の会社に入ることが素晴らしいことだと思い込まされ、そのような進路をとり、一生を高森一族に捧げることになってしまう人もいます。


その他にもさまざまな問題点があります。詳しくは、

さよなら親鸞会
なぜ私は親鸞会をやめたのか
浄土真宗親鸞会被害家族の会

などに取り上げられているので、参照して下さい。


★自分は大丈夫だと思っていても、サークルに何度も通っているうちに、親鸞会教義に完全に飲み込まれてしまいます。そうなってからでは手遅れです。おかしな団体だと気が付いたら、速やかにサークルから離れて下さい。
 メールで「もう二度と行きません。今後も連絡してこないで下さい。」と伝え、それから先輩がメールや電話がきても無視すればよいと思います。

★先輩や講師の人は、親切な良い人に見えるかもしれません。
 そのサークルの先輩も講師も親鸞会のおかしさに気が付いていない人ばかりです。
そして、先輩も講師も自分は正しい親鸞聖人の教えを求めていると純粋に信じ切っているのです。
 彼らは、外で親鸞会がどのように非難されているのか知りませんし、知ろうともしていません。

 「先輩が、よい人だから」という理由でサークルを続け、大学生活・一生を棒に振ることがないようにして下さい。

 もし、そんな先輩達に親鸞会の誤りを伝えたいならば、

親鸞会教義の誤り
飛雲

などの親鸞会の教義面の誤りを扱っているブログのURLを、辞めるときのメールに添えて頂きたいと思います。


★最後に、初期になされるであろう話を以下にまとめました。親鸞会サークルかどうか判断する材料にして下さい。

◎こんなフレーズを使うサークルに注意
◎大学の新入生の皆さんと家族の方、こんなサークルに注意!
◎私はこんな感じで勧誘されました
◎相対の幸福と絶対の幸福 「なぜ生きるか、生きる目的、人生の目的」と、「どう生きるか、生きる手段、人生の目標」
◎マラソンのたとえ 海のたとえ(難度海)
◎いろは歌 「生死一如」と「生死の一大事」
◎三枚の鏡 煩悩具足 煩悩即菩提
◎宗教偏見カット
◎武蔵の剣法 人生の目的は無碍の一道
◎仏教を説かれた釈尊
◎人間存在そのものの苦しみ 人間の実相
◎親鸞聖人
◎こんな感じで新歓合宿に誘われました


※『なぜ生きる』、『光に向かって100の花束』など一万年堂出版の書籍、また『世界の光 親鸞聖人』のアニメを部分的にでもゼミ(部会、ミーティング、講座)で用いていたら親鸞会だと思って間違いないでしょう。

※ネットの情報には、デマが多いみたいなこともいわれているかもしれませんが、自分でよく情報を取り入れて判断してください。

※不安に感じたら、コメント欄にコメントください。親鸞会かどうか検討してみます。管理人にしかみることのできない秘密コメントもできます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>秘密コメント様

ご心配ごもっともです。

今は入会基準が以前より低くなり、”誰でも”簡単に入会できるようになりました。ただし、入学金5万円。これを誰かが納めなければならないようです。
入会基準が低くなった分、入会目標人数は高くなり、恐らくご家族は目標人数達成のためにあなたを名前だけでも入会させたいのだと思います。

もし親鸞会に興味も関心もないのなら、嫌なことはハッキリ嫌だと仰って下さい。あなたの入学金は、あなたが支払わない場合ご家族のどなたかが支払うはずです。ただの人数合わせのために5万円も取られるご家族の方も不憫でなりません。もし発言できるなら、「そんなことはおかしい」とぜひ言ってあげて下さい。
とはいえ、赤の他人ではなくご家族ですから、事を荒立てたくない場合は入会を断る程度に留めておいた方がよろしいかと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

初めてコメント致します。
僕は都内の大学の1年生ですが、入学式に「人生について考えるサークル」なるところに勧誘され、以後3ヶ月間、週に2日から3日程度講師や先輩方から話を聞いていました。
ですが、最近は仏教ばかりでさすがに怪しいと友人(彼も勧誘されていました)と話し合い、調べてみたところ、此方のサイトや家族会様のサイトなどで親鸞会のダミーサークルであったと知りました。
大変驚きましたし、騙されたことに憤りを覚えましたが、「あんな優しい先輩が…」とやはり信じられず、直接呼び出して問いただしたところ婉曲的に認めましたので、関係を断ちました。
カルトに呑み込まれなかったという安心感と、先輩との関係を断ち切る悲しさが今でも混ざっており複雑な気分ではありますが、親鸞会の教義には疑義しか抱いていないので抜け出せて本当によかったです。
このサイトを見なければ、どうなっていたか分かりません(入っていたかもしれませんね)。本当にありがとうございました。今後のご活躍をお祈りしております。

>春原様

当ブログがお役に立てたようで何よりです。

ほとんどの会員の皆さんは「いい人」「優しい人」なんです。私も、会にいた時も、今もそう思っています。それが高森会長や一部幹部によって利用されているだけなんです。

他にも親鸞会の話を聞いているっぽい友人や知人の方がいらっしゃいましたら、当ブログなどの批判サイトを紹介してあげて下さい。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード