親鸞会会員の大前提ー「高森先生は真実信心を獲ている」

高森顕徹会長はかつて自身のことを「毎日毎夜、念仏は楽しい時に苦しい時に、無造作に口より出づる蓄音機にさせていただいて」と言っていましたが、現在ではすっかり「絶対の幸福」だとかいう幻想的な楽を訴え続ける蓄音機と化したようで、何とも浅ましい限りです。先日の講師部講義でも

信楽」=「絶対の幸福

と強調していましたが、では絶対の幸福とはどんな幸福かというと

ただこれ、不可思議・不可称・不可説の信楽なり

とぼかしてその説明をほとんどしません。相対の幸福の説明に時間をかけ、絶対の幸福はこのお言葉を

ただこれ、不可思議・不可称・不可説の絶対の幸福なり

だとか言い換えて「言葉で説明できない幸福」だと逃げています。所詮は絶対の幸福になれば分かるんだからつべこべ言わずにそこまで求めろということなんでしょう。しかし、

信楽といふは、すなはちこれ如来の満足大悲円融無碍の信心海なり。このゆゑに疑蓋間雑あることなし。ゆゑに信楽と名づく。すなはち利他回向の至心をもつて信楽の体とするなり。(信文類)

【現代語訳】
信楽というのは、阿弥陀仏の慈悲と智慧とが完全に成就し、すべての功徳が一つに融けあっている信心である。このようなわけであるから、疑いは少しもまじることがない。それで、これを信楽というのである。すなわち他力回向の至心を信楽の体とするのである。

「信楽」といふは、如来の本願真実にましますを、ふたごころなくふかく信じて疑はざれば、信楽と申すなり。この「至心信楽」は、すなはち十方の衆生をして、わが真実なる誓願を信楽すべしとすすめたまへる御ちかひの至心信楽なり、凡夫自力のこころにはあらず。(尊号真像銘文)

ということで阿弥陀仏の本願が真実であることに疑いが無いことを「信楽」というのです。つまり「助けるぞよ」の仰せが凡夫の妄想ではなく、如来より喚びかけられている真実の御言葉であると疑い無く聞き受けているのを「信楽」というのです。更に言い換えると、「念仏を称える者を助ける」という本願であることに疑いが無いことを「信楽」というのです。これは凡夫自力の心ではなく、阿弥陀仏より回向せられるものですから、「本願力回向の信心」と言われます。こうした他力回向の「信楽」と、自力求道、自力修善の先にあるという「絶対の幸福」なるものと、何の関係がありますか? いい加減、独自の「高森教」という外道の教えに「浄土真宗」を利用するのは止めてもらいたいものです。


さて、最近コメント欄で「三業で真実信心の有無」云々という話題がよく挙がっていますが、ここで会員の皆さんに質問です。会員の皆さんは、

「高森先生は真実信心を獲ている」

と金剛の如く信じて疑っていないと思いますが、ではどうしてそのように信じたのですか? 何を根拠に高森会長の信心を真実信心と断定しているのですか? 多くは、先輩や講師部員から

高森先生は信心決定の体験と深い教学とを兼ね備えた方

と説明を受け、それをそのまま信じているのだと思います。では、その先輩や講師部員はどうしてそのように信じているのでしょうか? 元を辿っていきますと、高森会長の話の内容や活動といったいわゆる三業で信心を判定しているのではないでしょうか? だって、信心を獲たかどうかは阿弥陀如来とその人にしか分からない、他人の窺い知れない世界だというのですから、他人である高森顕徹会長の信心が真実信心か否かなどというのは、彼の三業によって判定するしかないでしょう。そうして、高森会長の三業によって「高森先生は真実信心の方だ」と思った、判定した一部の人間が、親鸞会へ勧誘する際に高森会長を紹介する言い回しとして

高森先生は信心決定の体験と深い教学とを兼ね備えた方

等の言葉を使った、そしてそれが会の中で広まったと考えられます。


「高森先生は真実信心を獲ている」

これは親鸞会会員の大前提であります。これが崩れたら大変です。「真実信心かどうか疑わしい」となったらマインドコントロールも随分解けやすくなるでしょう。では何をもってそう信じているか、判定しているかというと、

高森会長の三業によって

です。三業で真実信心の有無を判定できないとか言っている割には、しっかり三業で真実信心の有無を判定しているのが親鸞会会員です。この最たる矛盾に、皆さんはいい加減に気付きましょう。

親鸞会の教え、また親鸞会の指導者(師匠)である高森顕徹会長を退会者が非難することは「謗法罪にならない」

この記事のコメント欄で、いまだ「ふじた」さんと数名の方の書き込みが続いています。

ふじたさんの質問
********************
浄土真宗と自称する宗派がいくつかあり、それをA,B,C,D,Eなどとします。
Aに属するXという人が、Bの宗派の教えを非難することは謗法罪になるのでしょうか、という質問です。
具体的に言いますと、Xさんは最初Bという宗派に入り、そこでBの指導者(師匠)によって仏縁を結び仏縁にあえたことを喜びました。しかしその後、Bの教えに疑問を感じ、Aという宗派に入りました。
この場合、仏縁をいただいたBの指導者(師匠)をXが非難することは謗法罪になるのでしょうか

********************

ただでさえ皆さん呆れているでしょうに、これに答えろとしつこいので困ったものです。しかし、これは随分と具体性に欠ける質問で、これだけの情報ではお答えできません。「横から」さんのコメントにもあるように、Bの教えとはどんな教えで、XはBの教えのどんなところに疑問を感じたのか、これが具体的に示されないことには答えようがないのです。それでいて「だれもそれに答えてくれず、無関係なことばかり書いています」とか駄々をこねられても困るんですよ。

あまりに具体性がないので、具体例を2つほど紹介したいと思います。


例1
A → 浄土真宗親鸞会
B → 浄土真宗華光会
X → 高森顕徹会長


とします。この場合、「Aに属するXという人が、Bの宗派の教えを非難することは謗法罪になるのでしょうか」「仏縁をいただいたBの指導者(師匠)をXが非難することは謗法罪になるのでしょうか」という問いについては「謗法罪になる」です。理由は、華光会で説かれる教えが浄土真宗だからです。

確かに華光会は、何かと問題な部分があります。座談においては無常と罪悪で執拗に責め立てられたり、会で縁の浅い人は信心が徹到していないと見做されたり、主張が嚙み合わなかったりして居心地が悪いと感じる方もあると思います。体験談を重視する方も少なからず見受けられ、自分で聖教に向き合わない方も多いです。他にも私が知らない様々な問題があるでしょう。ただ、どの団体にも大なり小なり問題はつきものですし、一部の過激な会員が原因かとも考えられます。それに、親鸞会の問題に比べたらこの程度はちょろいちょろい(笑)

一方教義としては、法話・華光誌(機関紙)や、前代表の増井悟朗師の著書を読んだりする限り、時折「うん?」と首を傾げる独特の言い回しもあるものの、仏願の生起本末、南無阿弥陀仏の六字のいわれを正しく説いていると言えると思います。このように教え自体は浄土真宗でありますから、私の白道を書かれた嶋田元講師は華光会で教えを聞いて信心獲得なされたようですし、親鸞会を離れて華光会へ行き、そこで教えを聞いて信心獲得したと体験談を語る方が何人もいることを知っています。当の本人である高森顕徹会長も、華光会で教えを受け、そして獲信したと思われる体験談を書いています。

↓↓↓

『元会員から見た浄土真宗親鸞会』善知識 なぜか記した 体験記
『なぜ私は親鸞会をやめたのか』高森顕徹氏の獲信体験

ところがやがて高森会長は華光会と袂を分かちます。体験談にてあんなに喜んでいたのにです。そして現在では「これが獲信か」というパンフレットを作り、華光会を暗に非難しています。確かにちょっと癖の強い団体ですが、教義は浄土真宗ですから、その華光会の教え、また華光会の指導者(師匠)である伊藤康善師や増井悟朗師を高森顕徹会長が非難することは「謗法罪になる」です。まぁこの場合はAという団体を立ち上げたのがXなのですが、細かい設定は目をつぶって下さい。


例2
A → 浄土真宗(無所属含む)
B → 浄土真宗親鸞会
X → 親鸞会退会者


とします。この場合、「Aに属するXという人が、Bの宗派の教えを非難することは謗法罪になるのでしょうか」「仏縁をいただいたBの指導者(師匠)をXが非難することは謗法罪になるのでしょうか」という問いについては「謗法罪にならない」です。理由は、親鸞会の教義が浄土真宗ではないからです。

高森顕徹会長の主張は、浄土真宗の根本的な教義である本願力回向、他力回向を真っ向から否定するものです。一念の救いを求めて「光に向かって進む教え」であり、その方向性は聖道門や他の様々な宗教と同じです。今一度教義の比較を『飛雲』より引用させて頂きますと以下の通りです。


親鸞聖人の仰せと高森顕徹会長の主張との相違点

1.獲信していない人の死後はどうなるか

親鸞聖人 六道輪廻(19願・20願の同行は化土往生)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -- - - - -
高森会長 必堕無間

2.五逆罪・謗法罪について

親鸞聖人 造っている人と造っていない人がいる
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 造っていない人はいない、全ての人は生まれながらに造っている

3.善人と悪人について

親鸞聖人 善人と悪人とがいる
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 善人はいない、すべての人は悪人である

4.獲信のために善は必要か

親鸞聖人 念仏1つ、獲信に善は不要
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 善をしなければ絶対に獲信できない

5.白道とは

親鸞聖人 自力の心にあらず
- - - - - - - - - - - - - -
高森会長 自力

6.定散二善について

親鸞聖人 定散二善を捨てよ
- - - - - - - - - - - - - -
高森会長 定散二善をせよ

7.19願について

親鸞聖人 19願を捨てよ
- - - - - - - - - - - - - -
高森会長 19願を実践せよ

8.宿善について

親鸞聖人 過去世の善根の厚薄と、往生・獲信とは関係ない
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -- - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 過去世の善根の薄い者が、そのままで往生・獲信することはありえない

9.機の深信について

親鸞聖人 自力では出離できない
- - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 逆謗の屍と必ず知らされる

10.法の深信について

親鸞聖人 往生ほどの一大事、凡夫のはからふべきことにあらず
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 浄土往生が火に触ったよりも明らかに知らされる

11.善知識に無条件服従しなければならないか

親鸞聖人 法に従うのであって、人に従うのではない
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 善知識に無条件服従せよ

12.因果の道理について

親鸞聖人 罪福の因果を信じることは自力・仏智不思議を疑う心
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 因果の道理を深信しなければならない

13.三願転入について

親鸞聖人 聖道門の人を浄土門に導く方便が19願であり、19願の勧めはない
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 全人類は19願から始めなければならない

14.「一向専念無量寿仏」について

親鸞聖人 諸善を廃して念仏1つになること
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 阿弥陀仏1仏に向かって諸善をすることも含む



主要教義でもこれだけ親鸞聖人の教えと高森顕徹会長の主張は異なります。これに細かな点を挙げていったらキリがないほど、浄土真宗と親鸞会教義は異なるのです。その上、教義上は廃悪修善だとか六度万行だとか善の勧めだとか聞こえのいいことを説いておりますが、実際に勧めているのは主として親鸞会の話のみを聞くこと、親鸞会への献金・勧誘、会長や上司への無条件服従です。このように浄土真宗ではない、「高森教」とでも言うべき外道の教えを非難しても、謗法罪には該当しません。いくら本尊が南無阿弥陀仏であり、親鸞聖人や蓮如上人のお言葉を一部使って話をしていても、教義が浄土真宗とは似ても似つかぬエセ真宗、高森教ですから、親鸞会の教え、また親鸞会の指導者(師匠)である高森顕徹会長を退会者が非難することは「謗法罪にならない」です。


以上、2つの例を挙げて説明しましたが、先のような質問にはこれ位具体的に表現してもらわないと答えようがないのです。ふじたさんには謗法罪についての定義をきちんと理解した上で、もっと実りのある質問をして頂きたいものです。

親鸞会会員の誤解―方便だからやらなければならない(4)

定善の行、中でも第九真身観の観仏三昧行が成就したら、すなわち阿弥陀仏及び諸仏を見たてまつることができ、行者は勝れた利益を得ることができます。ところが『観経』流通分に至って釈尊は、観仏の法を嫌って阿難に授けず、念仏の法を選んで阿難に授けられています。

しかるをいま『観経』の流通分に至りて、釈迦如来、阿難に告命して往生の要法を付属流通せしむるちなみに、観仏の法を嫌ひてなほ阿難に付属せず、念仏の法を選びてすなはちもつて阿難に付属したまふ。観仏三昧の法、なほもつて付属したまはず。いかにいはんや日想・水想等の観においてをや。しかればすなはち十三定観は、みなもつて付属せざるところの行なり。しかるに世の人、もし観仏等を楽ひて念仏を修せざるは、これ遠く弥陀の本願を乖くのみにもあらず、またこれ近くは釈尊の付属に違ふ。行者よろしく商量すべし。念仏付属章

定善十三観は全て付属されなかった行であるから、もし観仏を行じて念仏しない者は遠く弥陀の本願に背くだけでなく、近くは釈尊の念仏一行を付属された本意にもたがうというのです。であるから、行を修める者はよく考えをめぐらすべきであると教えられています。
このことからも、定散二善を根拠に善を勧める親鸞会が、釈迦弥陀二尊の勧めに反することを教えていることは明白です。尤も、『観経』に忠実に定散二善を説いて勧めるならまだしも、言葉のみを利用し実際に主立って勧めていることは会への献金・勧誘、会長や上司への無条件服従ですから、親鸞会は浄土真宗どころか、浄土他流でもなく、単なる新興宗教であり外道なんですけどね。

次に、散善についても、これを修める行者はすなわち往生すると教えられています。ところが、定善に同じく散善十一行も付属流通されていません。釈尊はただ念仏一行を阿難に授けて後世に弘めようとされています。

つらつら経の意を尋ぬれば、この諸行をもつて付属流通せず。ただ念仏の一行をもつて、すなはち後世に付属流通せしむ。

この理由が、直後の以下のお言葉です。

知るべし、釈尊の諸行を付属したまはざる所以は、すなはちこれ弥陀の本願にあらざるゆゑなり。また念仏を付属する所以は、すなはちこれ弥陀の本願のゆゑなり。いままた善導和尚、諸行を廃して念仏に帰する所以は、すなはち弥陀の本願たる上、またこれ釈尊の付属の行なり。

釈尊が定善・散善の諸行を付属されなかったのは弥陀の本願ではないから、また念仏を付属されたのは弥陀の本願だからだというのです。善導大師が諸行を廃して念仏に帰依されたのも、それが弥陀の本願であり、釈尊付属の行だからだと知りなさいと教えられています。法然聖人が弥陀の本願ではないと断言されている定散二善を独自の善の勧めに利用しているのですから、親鸞会は浄土宗でも浄土真宗でもありません。団体名から「浄土真宗」「親鸞」を外し、高森教とでも名乗るのが相応しいと思います。

ゆゑに知りぬ、諸行は機にあらず時を失す。念仏往生は機に当り、時を得たり。感応あに唐捐せんや。まさに知るべし、随他の前にはしばらく定散の門を開くといへども、随自の後には還りて定散の門を閉づ。一たび開きて以後永く閉ぢざるは、ただこれ念仏の一門なり。弥陀の本願、釈尊の付属、意これにあり。行者知るべし。

「この故に知られる。念仏以外の諸善は根機に適せず、末法の今の時に合わない。 対して念仏往生は根機に適し今の時にかなって、 その承ける利益は決して空しくない。 そこでよく知るべきである、 他に随って説く場合には、 しばらく定散諸行の門を開かれるけれども、 仏自らの本意を説かれた上は、 かえって定散諸行の門は閉じられるのである。 一たび開かれて後、 永遠に閉じられないのは、 ただ念仏の一門のみである。 弥陀の本願や釈尊の付属の思し召しはここにある。 行者はまさに知るべきである」と仰っています。

この「随他」、「随自」というのが親鸞会会員の誤解―方便だからやらなければならない(1)で示したように

随他」=随他意の法門権仮方便
随自」=随自意の法門善巧方便

です。未熟な機を導くために暫く仮に開かれたが、ひとたび機が真実の法門に入ったならば不要となり還りて廃せられるのが定散諸行の法門です。私達は弥陀の本願が真実であると教えられ、弥陀の本願によって救われよう、救われたいと既に願っているわけですから、今さら定散諸善の法門からやらなければならない道理がないのです。『観経』十九願の教えを「浄土の要門」と言われ、これを親鸞会では重要な教え、必要な教え、必ず通らなければならないかなめの教え等と説明して邪義を吹き込んでいますが、

浄土の要門」=「浄土の雑行

ということですから、定散諸善を勧めることは雑行を勧めることに他なりません。私達は弥陀の本願にあらず、付属されなかった定散二善ではなく、弥陀の本願であり、ただ一行付属された念仏を往生の行として立てるべきなのです。これが遠くは弥陀の本願のお心に合いかない、近くは釈尊が念仏一行を付属された本意に沿うことにあり、また法然聖人・親鸞聖人方のお勧めに順うことになるのです。もしも修善が我々の獲信・往生に必要不可欠なら、釈尊が定散諸善を付属されないわけがないではありませんか。『選択本願念仏集』を読んで少し考えを巡らせばすぐに分かることです。であるから、高森会長が講師部員などに七祖聖教を読むことを禁じたのも至極当然なことです。騙しの手口が分かってしまいますからね。

言葉だけ見れば「善の勧め」とは良い事のように思えますが、それは釈迦・弥陀・善知識の善巧方便に背くことであり、実態は現世利益をちらつかせて組織拡大に都合の良いことを勧めているだけだということに、会員の皆さんは早く気が付いて下さい。



【参照】
選択集(現代語版)

戯論に走り、物事の本質を見失っている親鸞会会員

もしこの世の苦しみを何とかしようというのならこの世での成仏を目指すべきだし、信を獲たとて我々の罪が消えるわけではないので、当然その報いは信前と変わらず苦果として現れてくる

のコメント欄で、依然議論がなされています。元々は私がアニメ映画『なぜ生きる』の蓮如上人のセリフに対し、

「苦しみの人生が幸せな人生にガラリと変わる」などと説くことは、二種深信以外の要素、つまり三業で信心の有無を判定していことに他ならない

等と繰り返し批判していることに始まっています。親鸞会会員と思しき「ふじた」さんが質問を重ね、それに私を含め複数の方がコメントしているという状況です。それが最近では大分方向性が逸れてしまい、

********************
・「真実信心の人は念仏誹謗、謗法はしない」というのも真ですね。
では「さるべき業縁の催せば、親鸞いかなる振る舞いもすべし」とおっしゃっておられますが、この「いかなる振る舞い」の中には「仏法を知らず知らず謗ってしまった」、ということは入らないのでしょうか。

・要するに、法謗罪を造っているかどうかという三業で、真実信心の有無を判定できるということですね。

********************

というような質問やコメントをしてきているという有り様です。情けない限りです。

大体、仏法を信じている者を謗法の者と言いますか? 仏や仏の教えを否定する人を謗法の者と言うのです。要は異教徒のことです。また念仏誹謗の人も謗法罪を造っている者ですが、そういった異教徒や念仏誹謗の人が真実信心を獲ているかどうかなど問題にもしないでしょう? OHEさんのコメントにありますが、

********************
異教徒や、念仏誹謗の他宗の人に対して
「三業で真実信心の有無を判定できる」
なんて愚かな質問自体が全くの無意味なんですよ。

********************

ということです。私からもふじたさんには、高森会長に対して「異教徒や、念仏誹謗の他宗の人は三業で真実信心ではないと判定できますか?」と聞いてみてもらいたいと思います。

真実信心か否か、その判定は三業でできるのかといった議論は、大体は浄土真宗でしかなされないことなので、異教徒や念仏誹謗の他宗の人は最初から問題外なのです。ふじたさんはその問題外のことを問題にし、物事の本質を見失っていると言えましょう。それで高森会長の説を擁護しているつもりが、実は高森会長を全面的に信用しているわけではないことが明るみに出てしまってもいます。

親鸞会では言葉の定義がおかしく、高森会長の中身の無い話を居眠り聴聞しただけで謗法罪だとか言われます。また真実信心の人が「仏法を知らず知らず謗ってしまった」ということがあり得るらしいです。過去はどうか知りませんが、親鸞聖人の教えを聞いて信じている方は謗法の者ではありませんし、教義を誤解していたというのはあっても、真実信心の人が「仏法を知らず知らず謗ってしまった」ということは通常ではあり得ません。

往生の金剛心のおこることは、仏の御はからひよりおこりて候へば、金剛心をとりて候はんひとは、よも師をそしり善知識をあなづりなんどすることは候はじとこそおぼえ候へ。(御消息第二通、末灯鈔(20))

「真実信心の人は念仏誹謗、謗法はしない」というのは親鸞聖人の仰せです。ふじたさんのような、こうした親鸞聖人のお言葉に素直に順わずにあれこれ詮索して「こういうのはどうなんだ」と立てついている人はどうか知りませんが、私達は罪業重しといえども五逆、謗法の徒ではありません。

善知識をおろかにおもひ、師をそしるものをば謗法のものと申すなり。おやをそしるものをば五逆のものと申すなり、同座せざれと候ふなり。されば北の郡に候ひし善証房は、おやをのり、善信(親鸞)をやうやうにそしり候ひしかば、ちかづきむつまじくおもひ候はで、ちかづけず候ひき。(御消息第五通、末灯鈔(19))

親をののしり、親鸞聖人を様々に謗る善証房のような者を五逆、謗法の者といい、こういう者に近づいてはならないと仰せです。では、私利私欲のために教えを捻じ曲げ、阿弥陀仏を誹謗する高森顕徹会長のような者には近づくべきか、即刻離れるべきか。「親鸞学徒」であるというなら親鸞聖人の仰せに順いましょう。


【参照】
『飛雲』謗法罪の定義さえ知らない高森顕徹会長

この世に生まれ、生きていることは決して当たり前ではない

最近激しく暑いですね(;^ω^) 真夏日は当たり前、35℃以上の猛暑を観測する地点もチラホラという有様です。日本の場合は多湿というのもあってエジプトやインドとは質の違う暑さです。健康体の私でも相当こたえていますから、体の弱い方、子供や年配の方は特に気をつけて頂きたいものです。水と塩はセットで摂り、エアコン等を利用して熱中症対策をしましょう。よく電気代がかかるからとエアコンを使わない方がいますが、命あっての物種ですし、救急搬送されて治るまでの費用を考えたら安い安い(´・ω・`)

あまりに暑いので子供とプールに行ってきましたが・・・早速やらかしてくれました(~_~;) 夜中の2時に子供が声をかけてきたので何かと思ったら、大の方を漏らしていたのです・・・(;´Д`) 小ならたまにということはありましたが、大は小学校に上がってからは記憶になく、「マジかよ」と汗びっしょりになりながら始末に追われました。子供は後先考えず体力の限り遊んで食べるので、大人が行き過ぎをセーブしないといけませんね。子供のでさえ実に不快なのに、これが首吊った親族の処理をするとなると・・・気が狂っちゃいますよ(´;ω;`) この記事を読んでいる人の中にはいないとは思いますが、首を吊るのは止めましょう。いやマジで。


子供がいたらいたで、その世話や教育で苦労します。やらかしてくれた時はとてもそうは思えませんが、ただそれでも子供が存在して生きているというのは有難いことなのだと今思います。先日、友人のお子さんが死産だったという報告を受けました。まことに悲しいことです。この世に生まれ、生きていることは決して当たり前ではないことを思い知らされました。望まれた命であっても、中にはこの世に生まれてくることさえもできない子もいるということを知ると、やはり苦しい時であっても、こうして生きて念仏していられるのは実に多くの有情非情の「おかげさまで」なのだな、自分も沢山苦労や迷惑をかけてここまで大きくなって生きてきたんだな、そして今も多くの命を犠牲にして自分の命を保っているのだなと、今ここを生きているという有難さを感じなければならないなと思います。今、「生まれてきてくれてありがとう」と母親が赤ちゃんに言葉をかけるその意味が、ようやく少し分かった気がします。今、自分がこうして生きている意味を、多くの命で命を繋いでいる意味を、よくよく考えなければならないと思った出来事でした。なんまんだぶ、なんまんだぶ、なんまんだぶ。

親鸞会会員の誤解―方便だからやらなければならない(3)

釈尊が『観無量寿経』にて、それまで広く説いてきた定散二善ではなく、下三品にわずかに説かれた念仏を阿難に付属された本意を、法然聖人は念仏付属章で教えられています。

釈尊定散の諸行を付属せず、ただ念仏をもつて阿難に付属したまふ文。
 『観無量寿経』にのたまはく、「仏、阿難に告げたまはく、〈なんぢよくこの語を持て。この語を持てとは、すなはちこれ無量寿仏の名を持てとなり〉」と。
 同経の『疏』(散善義)にいはく、「〈仏告阿難汝好持是語〉といふより以下は、まさしく弥陀の名号を付属して、遐代に流通することを明かす。上よりこのかた定散両門の益を説くといへども、仏の本願に望むるに、意、衆生をして一向にもつぱら弥陀仏の名を称せしむるにあり」と。


善導大師の「散善義」を引かれ、『観無量寿経』には定善・散善の利益が説かれるけれども、阿弥陀仏の本願より伺えば、称名念仏こそがこの経典の肝要であると教えられています。なので、釈尊は定善・散善の諸行を付属せず、ただ念仏を阿難に付属されたというのです。
その後、『選択集』では定散二善を詳しく解説されます。詳しくはリンク先や七祖聖教をご覧下さい。定散二善についておおよそどのような行か述べられた後、法然聖人はこう続けられます。

次に念仏とは、もつぱら弥陀仏の名を称するこれなり。念仏の義常のごとし。しかるにいま、「正明付属弥陀名号流通於遐代」(同)といふは、おほよそこの『経』(観経)のなかに、すでに広く定散の諸行を説くといへども、すなはち定散をもつて阿難に付属し後世に流通せしめず。ただ念仏三昧の一行をもつてすなはち阿難に付属し遐代に流通せしむ。

念仏とは、もっぱら阿弥陀仏の御名、南無阿弥陀仏を称えることです。「善導大師が『まさしく弥陀の名号を付属して、遐代に流通することを明かす』と仰っているのは、『観無量寿経』の中にすでに広く定散の諸善が説かれているけれども、釈尊は定散二善を阿難に付属し後の世に流通せしめておられない。ただ念仏三昧の一行を阿難に授けてはるか後の世に弘めんとされているのだ」というのです。

それから、問答形式で釈尊が念仏一行を付属されたお心を開かれてゆきます。

問ひていはく、なんのゆゑぞ定散の諸行をもつて付属流通せざるや。(中略)
なんぞ観仏三昧を廃して念仏三昧を付属するや。


「どうして定・散の諸行を付属流通しないのか。またどうして観仏三昧を廃して念仏三昧のみを付属するのか」まずこのような問いを出し、それについては以下のようにお答えです。

答へていはく、「仏の本願に望むるに、意、衆生をして一向にもつぱら弥陀仏の名を称せしむるにあり」(散善義)といふ。定散の諸行は本願にあらず。ゆゑにこれを付属せず。またそのなかにおいて、観仏三昧は殊勝の行といへども、仏の本願にあらず。ゆゑに付属せず。念仏三昧はこれ仏の本願なるがゆゑに、もつてこれを付属す。「仏の本願に望む」といふは、『双巻経』(大経)の四十八願のなかの第十八の願を指す。「一向専称」といふは、同経の三輩のなかの「一向専念」を指す。本願の義、つぶさに前に弁ずるがごとし。

「定散の諸行は本願にあらず」
「観仏三昧は殊勝の行といへども、仏の本願にあらず」


非常に厳しいお言葉です。定善・散善の諸行や観仏三昧は本願ではないから付属されなかったというのです。対して、念仏は仏の本願であるから付属されたのだと仰っています。善導大師の「仏の本願に望む」というのは、『大無量寿経』の48願の中の第18願を指し、「一向専称」というのは、『大無量寿経』三輩段の中の「一向専念」を指すとのことです。
このことから、「三願転入の教え」なる珍らしき教えは無い、善導大師、法然聖人が開かれたのは第18願の教えで、19願や20願の教えは含まれていないということが分かります。19願には「発菩提心 修諸功徳」とありますから、19願の教えが含まれるなら定善・散善の諸行を廃することはあり得ません。そして定善・散善等の諸善を勧めることは「一向専念無量寿仏」の否定でもあります。親鸞会ではアニメで「一向専念無量寿仏」の言葉を何十回と出して強調していますが、その意味するところが全く分かっていないことが伺えます。念仏以外の諸善を廃し、ただ念仏一行を立てなければ「一向専念無量寿仏」にはならないのです。

念仏付属章では、続いてこのような問答がなされます。

問ひていはく、もししからば、なんがゆゑぞただちに本願の念仏の行を説かず、煩はしく本願にあらざる定散諸善を説くや。

「もし定散二善や観仏三昧が仏の本願にあらずというなら、どうして釈尊は直ちに本願の念仏の行を説かず、煩わしく本願の行ではない定散諸善を説かれたのか」という問いが出されています。至極尤もな問いですね。

浄土真宗のイロハも知らない高森顕徹会長も『本願寺なぜ答えぬ』にてこんなことを書いています。

”定散二善が、韋提希の獲信に無関係”と、するならば、”説かれた目的はなんのため”と、反問したい。(p.147)

親鸞聖人のお師匠様である法然聖人のお言葉位知っとけよと言いたいですね。本当に経典や聖教に無知な高森会長ですが、法然聖人のこの問いに対する答えが、

答へていはく、本願念仏の行は、『双巻経』(大経)のなかに委しくすでにこれを説く。ゆゑにかさねて説かざるのみ。また定散を説くことは、念仏の余善に超過したることを顕さんがためなり。もし定散なくは、なんぞ念仏のことに秀でたることを顕さんや。(中略)ゆゑにいま定散は廃せんがために説き、念仏三昧は立せんがために説く。

です。「本願念仏の行は『大無量寿経』の中に詳しく既に説かれているから、『観無量寿経』では重ねて説かれていないだけである。また定散二善を説かれたのは、念仏が他の善より遥かに勝れていることを顕すためである。もし定散二善がなければ、どうして念仏が殊に秀でて勝れた行であることを顕せるというのか」というのです。であるから、釈尊の本意としては、定散二善は廃するために説かれ、念仏三昧は立てるために説かれたというのが法然聖人の教えであったのです。

もし布施や持戒、多聞、観仏三昧、孝養父母などの諸善を本願の行としたなら、それができない者は往生の望みを絶たねばなりません。しかもそういった行ができる者は少なく、できない者は甚だ多いのです。それで阿弥陀仏が普く一切衆生を平等に助けるために、他の諸行諸善は難行であり劣行であるとして本願において選び捨てられ、至って易くしかも最も勝れた念仏一行を本願の行として選び取られたのでした。

まさに知るべし、上の諸行等をもつて本願となさば、往生を得るものは少なく、往生せざるものは多からん。しかればすなはち弥陀如来、法蔵比丘の昔平等の慈悲に催されて、あまねく一切を摂せんがために、造像起塔等の諸行をもつて往生の本願となしたまはず。ただ称名念仏一行をもつてその本願となしたまへり。難易義

このような阿弥陀仏がただ一行選ばれた念仏を称えるのは、まさしく阿弥陀仏のお心に順ずる行為であるから、本願に乗じて必ず往生を得ると教えられたのです。ただ、私達があれこれ計らって、「なんまんだぶしますんでお助け下さい」とやっとってもそれは仏願に順ずるとは言えませんよ。阿弥陀仏が「なんまんだぶせい」と仰る、そのお言葉に計らいを入れずにそのまま「なんまんだぶ」するのです。それは念仏する者を極楽へ迎えるという仏願を計らいなく信じて称える念仏ですから、彼の仏願に順じて必ず往生を得るのです。

問ひていはく、なんがゆゑぞ五種のなかに独り称名念仏をもつて正定の業となすや。
答へていはく、かの仏の願に順ずるがゆゑに。意はいはく、称名念仏はこれかの仏の本願の行なり。ゆゑにこれを修すれば、かの仏の願に乗じてかならず往生を得。
雑行と正行

このように教えられた法然聖人を本師と仰ぐ親鸞聖人が、獲信・往生のために定散二善や19願の行を勧めるわけがないでしょう。親鸞聖人は法然聖人の教えを「浄土真宗」と仰っているのですから、『選択本願念仏集』を知らずして『教行証文類』は分かりません。『選択集』も『教行証文類』もろくに読んだことがなく、大沼法竜師や伊藤康善師の著作を根拠として「親鸞聖人の教えに善の勧めはある」「三願転入は親鸞聖人の教えの根基」などと吹聴する高森顕徹会長の様は滑稽至極であります。

方便だからやらなければならない

と教えられてやっていることは本願に順ずる行ではなく、実は本願に背く行であること、そして背くばかりか献金・勧誘・無条件服従という善もどきの善、行もどきの行であることを、会員の皆さんにはよく知って頂きたいと思います。親鸞聖人が教えられてもいないことを「これが本当の親鸞聖人の教えだ」と偽り、己の夢の実現、欲望の追求に浄土真宗を利用して「師をそしり善知識をあなづりなんどする」、阿弥陀仏を誹謗する外道の高森顕徹会長を信じるのは謗法罪です。即刻離れることをお勧めします。(つづく)

どっちの人生を生きたいか

己の夢の実現、欲望の追求の人生

と、

おかげさまでと感謝する御恩報謝の人生

どっちの人生を生きたいか。




【参照】
『あさ川進の、宗教と私』【投稿文】念仏者の生き方

苦しみの原因、生死流転の因はあくまで我々の悪業煩悩であるので、「疑情」「自力の心」が終わっても幸せな人生にガラリと変わるとは言えない

『飛雲』高森顕徹邪義を信じることを自力の心、疑情という

に挙がっているように、日曜日はまたいつもの高森顕徹会長の話でした。今回は

映画『なぜ生きる』の蓮如上人のお言葉についての質問
「大悲の願船に乗せられると同時に、私たちの苦しみの人生は、幸せな人生にガラリと変わるとは、どう変わるのでしょうか」


に答えるものだったそうで、最近はこれかこれかの二択ですね。しかも内容が伴っていない、間違っているのもいつも通りで、こんなものを唯一絶対にして真実の宗教だとか信じ込んでいる人は実に哀れです。

今回は、どうして幸せな人生にガラリと変わるかと言えば

苦しみの原因である「疑情」「自力の心」が終わるから

だと説明していました。が、考えてみればこれもおかしな話です。


よく親鸞会では、苦悩の根元は無明の闇などと言って、私達が苦しみ悩む根本原因は無明の闇、それは後生暗い心であり、これを疑情とも言うと主張しています。新規勧誘の際はたいていこのような話が出てきます。尤も、最近は

『親鸞会を脱会した人(したい人)へ』忙しい現役会員のための「無明の闇・疑情・後生くらい心」

に書かれているように教義を修正したのかも知れませんが、私が在籍していた当時は

苦悩の根元=無明の闇=後生暗い心=疑情

でしたし、『なぜ生きる』にもそう書かれています。

無明の闇(疑情)≠後生くらい心なのは最早上リンク先を見れば明らかなので省略します。今回は、

苦悩の根元≠無明の闇(疑情)

について述べていきます。疑情とは本願を疑う心ですが、もしこれが苦悩の根元、元凶とすると、

そもそも阿弥陀仏が本願を建てられたのが悪い

という事になってしまいます。本願がなければ当然本願を疑う心はありませんからね。勿論そんなわけはなく、私達が苦しみ悩むその原因はあくまで我々の悪業煩悩にあるのです。

・一つには、決定して深く、自身は現にこれ罪悪生死の凡夫、曠劫よりこのかたつねに没し、つねに流転して、出離の縁あることなしと信ず。

・自身はこれ煩悩を具足せる凡夫、善根薄少にして三界に流転して火宅を出でずと信知す。
(信文類引文)

とあるように、私達が苦しみ悩み、生死火宅から出離できないのは我々が「罪悪生死の凡夫」「煩悩を具足せる凡夫」であって「善根薄少」であるからです。そうした私達を、迷いの世界から出させ、浄土へ迎えて仏に成すために阿弥陀仏は五劫永劫の願行を成就して下さいました。私達はこうした弥陀仏の願力を信じおまかせすれば自ずから浄土往生し、仏と成らせて頂けます。ところが愚かな衆生は、「そんなうまい話があるかい」「そんなことで助かるなら苦労は要らぬ」と本願を疑って撥ね付けるために、またも生死輪転の家に還来するというのです。それを、

生死輪転の家に還来ることは、決するに疑情をもつて所止とす。すみやかに寂静無為の楽に入ることは、かならず信心をもつて能入とすといへり。(正信偈)

と仰せられています。信心と言いましてもそれは念仏一つで助かるという信心であり、なんまんだぶの名号を信受する他にありません。南無阿弥陀仏のいわれをいわれの通りに聞き受け念仏する以外、煩悩にまみれた愚かな私達が迷いを離れさとりを開く道は無いのです。

こうして本願を疑う心、自力が廃りますと、後生は阿弥陀さまにおまかせしたのでその点は安心ですが、悪業煩悩が絶えたわけではないので相変わらず苦悩の波、さまざまな禍いの波はやって来るわけです。悪業煩悩が絶えたなら、

私たちの苦しみの人生は、幸せな人生にガラリと変わる

と言えるかも知れませんが、生きてある限りは命の不安、生活の不安、思い通りにならない不満、不足等色々あるわけです。また煩悩のために踊躍歓喜の心はそれほどに湧き上がらず、早く浄土へ往きたいという気持ちもありません。法をお聞かせ頂いて、その有難さ尊さに感激し喜ぶ心はあっても、いつもいつもその法悦に満たされているわけではありません。どうでしょうか、仕事をしている時、家事をしている時、忙しく日常を回すことに精一杯になっているとその法悦はどこへやらということはありませんか? また、現在も福岡や大分では豪雨で多大な損害があり、死者も多数出ているとニュースで報道されていますが、もし自分がそのような状況下にあっても、あぁ有難やうれしやとのんきに喜んでいられますか? 愛する家族や子供が水死体となって目の前にあったらどうですか? もしそんな状況でも喜べるならそれは「狂喜」ですよ。親鸞聖人はそんな「狂喜」を教えられた方ではありません。


このようなことですから、「疑情」「自力の心」が終わったその時に往生が定まるとは言えますが、

「疑情」「自力の心」が終わるから、幸せな人生にガラリと変わる

とは言えません。こんな現世利益で聞く者を釣り、留めて利用・搾取するのが高森教の常套手段です。別に「絶対の幸福」だとかいう幻想的な楽を阿弥陀仏から受け取るわけでもないし、悪業煩悩は臨終の一念に至るまでとどまらず消えず絶えずですから信後であってもさまざまに煩い悩むんです。

このままありもしない信心、幻想的な楽を求めるなら高森教で聞いていけばいいですが、後生助かろう、浄土に往生しようと願う人は、一刻も早く邪教から離れ、南無阿弥陀仏のいわれを聞いて頂きたいと思います。


【参照】
『真宗大谷派 東本願寺』正信偈の教え-みんなの偈-
『勧学寮』信疑決判

親鸞会会員の誤解―方便だからやらなければならない(2)

親鸞会では「方便だからやらなければならない」として善という名の献金、勧誘、会長及び上司への無条件服従を会員に課しています。その例として高森顕徹会長は『王舎城の悲劇』の韋提希を出して、

韋提希はお釈迦様の言われる通りに定善をやった

と教えていますが、これは真っ赤なウソです。『観無量寿経』を読んでみますと、釈尊が定善をお説きになる直前に、韋提希は釈尊にこのように申し上げています。

仏、韋提希に告げたまはく、「なんぢはこれ凡夫なり。心想羸劣にして、いまだ天眼を得ざれば、遠く観ることあたはず。諸仏如来に異の方便ましまして、なんぢをして見ることを得しむ」と。ときに韋提希、仏にまうしてまうさく、「世尊、わがごときは、いま仏力をもつてのゆゑにかの国土を見る。もし仏滅後のもろもろの衆生等、濁悪不善にして五苦に逼められん。いかんしてか、まさに阿弥陀仏の極楽世界を見たてまつるべき」

さらに釈尊は韋提希に仰せになった。
「そなたは愚かな人間で、力が劣っており、まだ天眼通を得ていないから、はるか遠くを見とおすことができない。しかし仏には特別な手だてがあって、そなたにも極楽世界を見させることができるのである」
そのとき韋提希が釈尊に申しあげた。
「世尊、わたしは今、仏のお力によってその世界を見ることができます。でも、世尊が世を去られた後の世の人々は、さまざまな悪い行いをして善い行いをすることがなく、多く苦しみに責められることでしょう。そういう人たちは、いったいどうすれば阿弥陀仏の極楽世界を見ることができるでしょうか」


こうした韋提希の、釈尊が世を去られた後の未来の人々を案じた要請によって釈尊は定善を説かれたのです。韋提希は既に釈尊の仏力によって極楽世界を拝見したので、定善をやる必要はありません。当然定善をしていませんし、やろうともしていません。

『なぜ生きる』やアニメ『親鸞聖人と王舎城の悲劇』では、韋提希が定善を試みて出来ずに苦悶に堕ちてゆく姿が書かれていますが、とんでもないデタラメ創作教義です。定善を説く合間合間に釈尊は

・この想成じをはりて(水想観)
・この想成ずるとき(地想観)
・地想成じをはりなば、次に宝樹を観ぜよ。(宝樹観)


等と仰り、水想観が出来たら次は地想観、地想観が出来たら次は宝樹観を成せと教えられます。親鸞会のように、水想観が出来なかったら次は地想観、地想観が出来なかったら次は宝樹観ではありません。また当然ですが、定善のできない自分を知らせるために説いた観法ではありません。『無量寿仏観経』ですからあくまで釈尊は無量寿仏を観る方法を教えられたのです。親鸞会の話通りなら、観が進む度に易しくなっていかねばなりませんが、逆です。むしろ日想観、水想観、地想観辺りは無量寿仏を観ずる前段階の、まず極楽世界を思い描く観法なので、ここで躓いていたら話になりませんし、ここから徐々に難しく高度になっていくのです。

釈尊はこうして定善十三観をお説きになりましたが、この観を成就できるのは極めて優れた資質の持ち主のみで、大部分の人々は成就できずに落ちこぼれることを予見され、続けて散善をお説きになられます。上三品には行福を、中三品には世福、戒福を与え、善の出来ない下三品には念仏を施されています。ところが、流通分に至って釈尊は、それまで広く説いてきた定散二善ではなく、下三品にわずかに説かれた念仏を阿難に付属されるのです。

もし念仏するものは、まさに知るべし、この人はこれ人中の分陀利華なり。観世音菩薩・大勢至菩薩、その勝友となる。まさに道場に坐し諸仏の家に生ずべし」と。
仏、阿難に告げたまはく、「なんぢ、よくこの語を持て。この語を持てといふは、すなはちこれ無量寿仏の名を持てとなり」と。仏、この語を説きたまふとき、尊者目犍連・阿難および韋提希等、仏の所説を聞きてみな大きに歓喜す。


もし念仏するものがいるなら、まことにその人は白く清らかな蓮の花とたたえられる尊い人であると知るがよい。このような人は、観世音・大勢至の二菩薩がすぐれた友となリ、さとりの場に座り、仏がたの家である無量寿仏の国に生れるのである」
釈尊は阿難に仰せになった。「そなたはこのことをしっかりと心にとどめるがよい。このことを心にとどめよというのは、すなわち無量寿仏の名を心にとどめよということである」。釈尊がこのようにお説きになったとき、目連や阿難および韋提希たちは釈尊のこの教えを聞いて、みな大いに喜んだのである。


このことを法然聖人は『選択本願念仏集』念仏付属章において、懇ろに釈尊の本意を説き明かされていますが、長くなりそうなので続きは次回にしたいと思います。


ところで、今回少し触れたことからもお分かりのように、『観無量寿経』に説かれている事と高森顕徹会長の主張は随分違います。主な相違点については、以前

『観無量寿経』に説かれている事と、親鸞会教義との相違点

等の記事に書きましたので参照して下さい。

『心臓を捧げよ』(Linked Horizon)及び『進撃の巨人』の動画を視聴して感じたこと

学生の頃はミュージックステーションやカウントダウンTVなどで最新音楽情報を得ていましたが、今は専らFMを聞き流して自分にヒットする曲を検索するスタイルとなっている私です。最近カッコイイと思ったのが、『心臓を捧げよ』(Linked Horizon)です。人気TVアニメ『進撃の巨人』season2のオープニング曲にもなっていて、映像と合わせて聞くとカッコエェですわ(笑) 曲の動画はいくつかありますが、お気にのやつは削除されたので

進撃の巨人2期【心臓を捧げよ】op1フル
【再up】進撃の巨人season2 心臓を捧げよ

等をご視聴下さい。ただこれらもいつまでも消されずに残っているか分かりません。

ついこの間まで這い這いもできなかった末っ子が今は伝い歩きをするようになり、そこら辺に落ちている長女や次女のおもちゃに次々と進撃しています。その様を妻が「進撃の○○ちゃん」と表現していたのが耳に残っていて、そんな折にラジオからこの曲と紹介が流れてきたので、それが調べるきっかけになりました。

それにしても、この曲の歌詞は随分と考えさせられます。我々の罪悪についても思うところはありますが、とりあえず今回は親鸞会との関係という面で書いていくことにします。


これ以上の地獄は ないだろうと信じたかった
されど 人類最悪の日は いつも唐突に
扉を叩く音は 絶えず酷く無作動で
招かれざる災厄の灯は 悪夢のように


親鸞会を退会する前、仕事へ向かう道中毎日のように「自殺したい」「こんなに苦しいなら死んだ方がマシだ」と思っていた私。後生は必堕無間と叩き込まれ、そこから助かるべく親鸞会で聴聞を続けるものの、一向に解決の糸口すら見えない。死ぬまでに解決できたらいい方だが、そんな保証は全く無い。死ねば必堕無間だが、求めても解決できずに死ねばやはり必堕無間。なら今死んだ方がマシではないかと悩みながら、自殺も出来ず苦しんでいました。まさしく「これ以上の地獄はないだろうと信じ」て過ごしていましたが、ある時「この人だけは辞めないだろう」という私の先輩の姿を長く見かけていないことに気づいて連絡を取ってみました。そして知らされた事実に驚愕。今まで「間違いない」と信じて求めてきた教えが間違っていたとは・・・。それまで費やしてきた時間も労力も、金銭も全て無駄だった・・・? 「正しい教え」だとした自分の判断が間違っていた・・・? 信じたくないことでした。認めたくないことでした。それこそ「人生最悪の日はいつも唐突に」「招かれざる災厄の灯は悪魔のように」といったようでした。


過ぎし日を裏切るもの 奴らは駆逐すべき敵だ
あの日どんな顔で瞳で 俺達を見つめていた
何を捨てれば悪魔をも凌げる
命さえ魂さえ 決して 惜しくなどはない
捧げよ 捧げよ 心臓を捧げよ
全ての犠牲は 今この瞬間(とき)のために
捧げよ 捧げよ 心臓を捧げよ
進むべき未来をその手で切り拓け


全ては後生の一大事の解決のためと参詣していたあの日々、高森会長はどんな顔で瞳で俺達を見つめていたのだろうか? あの時は讃題でいつも話す蓮如上人のお言葉通り、「信心決定あれかし」という気持ちで説法されていると信じていましたが、今はもはやそんな気持ちはありません。
「今日この場(正本堂)で信心決定できるなら、両足が不自由になろうと決して惜しくなどはない」「全ては今この瞬間(とき)信心決定して絶対の幸福になるためだ」と正座の痛みを堪えて聞いていた日々を思い出します。
ところがどれだけ聞いても解決できる気配がない。横の道を進んでいるのかどうかも分からない。一向に進んでいる気がしない。100歩譲って自分がそうなのは仕方がないとしても、自分より長くはるかに頑張ってそうな人達でさえ信心獲得していない様子。しかも、その状態をそれほど深刻に受け止めてもいないようである。今日や明日にも無常が迫っていたらどうするのだろうか? また私が今日や明日にも死なねばならないとしたら? とにかく「求めよ」「この道進め」「善をせよ」の大合唱で、自分が今どこにいてどこに向かって進んでいるのか、ゴールとやらに辿り着けるのか、全てが不明確なままで、それでも一縷の望みを高森会長に託して求めていました。しかし今思えば、高森会長は「捧げよ」「捧げよ」ばかりで、会員に信を獲させようなどという気持ちは少しも無かったように感じます。

後生は必堕無間だぞ!」助かりたかったら
お布施を捧げよ!」「労働力を捧げよ!」「忠実なる僕となれ!


簡潔に言えば親鸞会の教えはこういうものでした。これに親鸞聖人や蓮如上人のお言葉を粉飾しただけの外道邪教を一時でも本物の浄土真宗などと信じてしまった私は本当に無知で愚か者でした。取り返しがつかなくなる前に気づいて脱出できたこと、そして本当の浄土真宗に遇えたことはまことに幸いです。


得体の知れない化け物が 人間と似た顔(つら)をしてやがる

得体の知れない高森教が、浄土真宗と似た顔(つら)をしてやがります。親鸞聖人の教えを自分の夢の実現、欲望の追求のために利用するとは、実に「切りきざみてもあくかよあくかよ」であります。


あの日 人類は思い出した
奴らに支配されていた恐怖を
鳥籠の中に囚われていた屈辱を


親鸞会が間違いであったと知らされたあの日から、私は時折り思い出します。情報統制され、「親鸞会以外は全て間違い」と信じ込まされ、必堕無間の呪縛に支配されていた恐怖を。鳥籠の中に囚われていた屈辱を。今でも騙されていたことに対する憤りはありますが、それ以上にこんな邪教がはびこって浄土真宗を汚していることが許せません。そしてかつての仲間達を含め、多くの人を騙し続けていることを黙視できないので、このように綴り続けています。


今や後生は阿弥陀さまにおまかせして必堕無間の呪縛からはすっかり解放されましたが、未だに呪縛に支配されていたかと思うとゾッとします。誰しも、過去に下した自分の判断が間違いであったと認めることほどの地獄はないと思いますが、このまま信を獲ずに終わればそれこそ本物の地獄です。このまま親鸞会に留まるのか、それとも見切りをつけて脱するのか。現会員で悩んでいる方にとっては究極の悩みでしょうが、どうか「進むべき未来をその手で切り拓」いてほしいものです。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード